150226 西武沿線花さんぽ

2月8は「氷の国」秩父だったけど、そのまま秩父で泊って翌日は
西武沿線花さんぽ」で紹介されていた長瀞の宝登山にロウバイを見にお出かけ。
DSCF1535.JPG DSCF1538.JPG DSCF1539.JPG DSCF1541.JPG
西武沿線ではなく秩父鉄道沿線なので、「西武鉄道で行く 花さんぽ」に変更。
朝から多くの観光客の方々(クラブツーリズムの団体)が来ていた。運よく、長瀞駅から無料
送迎バス運行日に行ったので歩かずにすんだ。
DSCF1550.JPG DSCF1553.JPG DSCF1557.JPG DSCF1562.JPG DSCF1563.JPG
ちょうど、動物園に深谷ネギをプレゼントする日だったらしく、深谷市からネギを持ってきて
ロープウエイで運んでいた。お猿さんは深谷ネギが好物らしい。
DSCF1570.JPG DSCF1571.JPG DSCF1574.JPG DSCF1577.JPG DSCF1578.JPG DSCF1580.JPG DSCF1585.JPG DSCF1589.JPG DSCF1594.JPG DSCF1597.JPG DSCF1601.JPG DSCF1605.JPG
斜面いっぱいに広がるロウバイ園。宝登山の山頂まで来たのでバック。
DSCF1614.JPG DSCF1613.JPG DSCF1615.JPG DSCF1618.JPG DSCF1620.JPG
あいにくの天気で雪が降り出してきた。ちょっとミニチュアモードで撮ってみた。
DSCF1627.JPG DSCF1631.JPG DSCF1633.JPG DSCF1632.JPG DSCF1642.JPG
ミニチュアっぽいのかなぁ、上下がボケているだけの気もするけど・・・。
DSCF1654.JPG DSCF1657.JPG DSCF1661.JPG
次の目的地へ。
DSCF1672.JPG DSCF1673.JPG DSCF1675.JPG DSCF1676.JPG
実はここには何度か来ているけど、さまざまな理由で休館してて入場できた回数の方が
少ないと言う、オイラにとっては鬼門な埼玉県立自然の博物館。
DSCF1678.JPG DSCF1680.JPG DSCF1681.JPG DSCF1688.JPG DSCF1686.JPG DSCF1694.JPG DSCF1715.JPG DSCF1725.JPG DSCF1726.JPG DSCF1729.JPG DSCF1744.JPG DSCF1745.JPG DSCF1747.JPG
松戸市が・・・(埼玉県と東京都に接しているので)
DSCF1737.JPG

DSCF1736.JPG

DSCF1751.JPG DSCF1755.JPG DSCF1769.JPG
だんだんと雪が強くなってる・・・。早めに帰ったほうがいいかな?
DSCF1770.JPG DSCF1775.JPG DSCF1776.JPG DSCF1777.JPG DSCF1778.JPG DSCF1779.JPG DSCF1782.JPG DSCF1786.JPG DSCF1797.JPG
二階では特集展示が行われていた。
外国のきれいな蝶とか埼玉の昆虫とか・・・。
DSCF1808.JPG DSCF1810.JPG
えっ、職員の半分くらいがコバトンだったの?
DSCF1811.JPG DSCF1813.JPG DSCF1816.JPG DSCF1815.JPG DSCF1817.JPG DSCF1818.JPG DSCF1822.JPG DSCF1820.JPG
20分位したら電車が来るかな~と思っていたら駅員さんがダイヤ乱れで40分後ぐらいと
教えてくれた。別の観光客も寄居で西武線に乗り換えて池袋に戻りたいんだけど・・・と駅員
さんに聞いていたが、寄居は西武では無く東武。
DSCF1827.JPG DSCF1830.JPG DSCF1833.JPG
今回は和銅には寄らない。(原付で来たことあるし、傘を持ってないけど、秩父線の駅前に
コンビにとかないし)
DSCF1835.JPG DSCF1837.JPG DSCF1839.JPG DSCF1842.JPG DSCF1844.JPG DSCF1845.JPG
秩父神社に寄って、食事タイム。
DSCF1848.JPG
テレビの宣伝より「わらじ丼」が小さい気がするけどおいしかった。
DSCF1856.JPG DSCF1852.JPG
西武観光バスに乗って西武秩父駅へ。毎回、西武バスの車内ステッカーには笑わせられる。
(今回のツボは、○○病院の車体広告。)西武ライオンズのファンクラブに入っているオイラと
したら去年みたいな成績ではではねー。西武特急ノンストップって・・・入間市にも停まるし。
DSCF1853.JPG DSCF1854.JPG DSCF1857.JPG
2日目はあいにくの天気だったけど、氷柱も見れたし、まぁ楽しかったのでいいか。

150122 ヒカリ展

1月10日に行った「ヒカリ展」から。
DSCF0294.JPG DSCF0295.JPG DSCF0296.JPG
まず最初は太陽などの宇宙から。
DSCF0299.JPG DSCF0301.JPG DSCF0303.JPG DSCF0305.JPG DSCF0307.JPG DSCF0311.JPG DSCF0313.JPG DSCF0314.JPG DSCF0316.JPG DSCF0317.JPG DSCF0320.JPG DSCF0322.JPG
提供はJAXA。と言うか、ちょっと偏りすぎな内容。
DSCF0326.JPG DSCF0327.JPG DSCF0328.JPG DSCF0329.JPG DSCF0330.JPG DSCF0331.JPG DSCF0332.JPG
波長ごとの使われている製品。図鑑で見たことがあるような・・・。
もっと言うと、無料の施設での展示を寄せ集めただけのような気がしてきた。
DSCF0338.JPG DSCF0343.JPG DSCF0344.JPG DSCF0345.JPG DSCF0347.JPG DSCF0354.JPG DSCF0355.JPG DSCF0356.JPG DSCF0357.JPG DSCF0358.JPG DSCF0359.JPG DSCF0360.JPG DSCF0363.JPG DSCF0364.JPG DSCF0366.JPG DSCF0367.JPG DSCF0371.JPG DSCF0372.JPG DSCF0375.JPG DSCF0376.JPG
鉱物のあやしい光・・・。地質標本館(無料)でも見れたな・・・。
DSCF0390.JPG DSCF0391.JPG DSCF0394.JPG
光るキノコとか光るコケとかはないの?と思いながら進む。
DSCF0408.JPG DSCF0411.JPG DSCF0412.JPG DSCF0414.JPG DSCF0415.JPG
やっぱり、各研究所ごとの寄せ集めだった・・・。
DSCF0420.JPG DSCF0429.JPG DSCF0432.JPG DSCF0434.JPG DSCF0436.JPG DSCF0438.JPG DSCF0442.JPG DSCF0449.JPG DSCF0451.JPG
個人のコレクションもここまでいくと凄いな。博物館ができちゃいそう。

131030茨城県自然博物館

昨日の分の続き・・・。
DSCF4528.JPG DSCF4529.JPG DSCF4530.JPG DSCF4534.JPG DSCF4537.JPG DSCF4538.JPG DSCF4540.JPG
だんだんと今の形に進化していったことがわかる、化石のコーナー。最後は恐竜たちで
その脇にひっそりとほ乳類のコーナーが。
DSCF4542.JPG DSCF4543.JPG
レイアウトは良く考えられてる。部屋によって大きな断絶がないし、科学一般とか扱う必要がないため歴史に沿って流しやすいと言う事情もあるだろうけど。
DSCF4545.JPG DSCF4547.JPG DSCF4548.JPG DSCF4549.JPG
天井から吊すのは得意・・・。
DSCF4553.JPG DSCF4554.JPG DSCF4555.JPG
シーラカンスコーナー。茨城には住んでいないけど、徐々に今の魚の世界に向かっている。
DSCF4560.JPG DSCF4562.JPG DSCF4563.JPG DSCF4564.JPG DSCF4570.JPG
水槽が登場して茨城の淡水魚たち・・・。こちらも上流から河口に向かって順に展示が並んでた。
DSCF4574.JPG DSCF4577.JPG
海水魚については模型で。
続いて、茨城のコーナー。
DSCF4581.JPG DSCF4585.JPG DSCF4589.JPG DSCF4591.JPG DSCF4593.JPG DSCF4594.JPG DSCF4596.JPG DSCF4599.JPG DSCF4601.JPG DSCF4607.JPG DSCF4608.JPG DSCF4609.JPG
茨城→日立→白クマくんと言うことでの展示?で、千葉県立の館だと茨城部分も表示してたりしてるけど、こちらはスパッと何も書かれてない。
で、今回のお目当ての展示へ。
ぺんちゃんにしては珍しく事前に催しの予定を書いていた(該当回)ので知ってたんだけどね。
DSCF4610.JPG DSCF4611.JPG DSCF4612.JPG
会場前には、「でかける人を、ほほえむ人へ。」つくばエクスプレスの発車音楽とか流れてて
思わず、駆け込み乗車をしなきゃ!と急いで会場へ。(だって本数が・・・)
DSCF4620.JPG DSCF4622.JPG DSCF4624.JPG DSCF4626.JPG DSCF4627.JPG DSCF4628.JPG
こちらも基本的に石ばっかり・・・。5億年前の日本の形ってちょっと想像できないけどね。
もしかしたら海の中かもしれないし、産越えをあげた直後かもしれないし。さらに赤道近くにあった可能性すらある訳で、日立の山々が5億年前からあったとは思っていないぺんちゃん。
(雨で削られて現存しないかもね)
DSCF4630.JPG DSCF4634.JPG DSCF4635.JPG DSCF4639.JPG DSCF4640.JPG DSCF4643.JPG DSCF4644.JPG DSCF4648.JPG DSCF4649.JPG DSCF4650.JPG DSCF4651.JPG
なんだか、筑波山だけ周囲から独立しているような・・・。
DSCF4663.JPG DSCF4664.JPG DSCF4665.JPG DSCF4668.JPG DSCF4666.JPG
「社会の中で、社会のために。AIST産総研」で見た地下の図も展示。
ただ解説も無く、深い方が良いと思っていた人とかもいた。(実際は逆)
DSCF4675.JPG DSCF4674.JPG DSCF4678.JPG
館を出ると沼地が広がっていた。(館の入場半券で入場可能)

131029茨城県自然博物館

今回は、茨城県自然博物館へお出かけ。過去に3回位しか行ったことがないので
どんな所だっけ?状態。
DSCF4454.JPG DSCF4456.JPG DSCF4458.JPG
駐輪場が、緊急用車両出入り口の鎖を開けて・・・知らずに警備員さんに聞いちゃった。
入場料は700円。ちょっと県立にしては高いかも。
DSCF4459.JPG DSCF4460.JPG DSCF4461.JPG
大きな骨格標本がお出迎え。
DSCF4463.JPG DSCF4464.JPG DSCF4467.JPG DSCF4468.JPG DSCF4469.JPG DSCF4474.JPG DSCF4475.JPG
宇宙→地球→生き物→茨城の順で展開している。最初の宇宙のコーナー。隕石が中心だけど
こんなの空から落ちてきたら大災害かも。
DSCF4480.JPG DSCF4479.JPG DSCF4462.JPG
天井に吊すのが得意な様子。前後左右に見れて悪くないかも。
DSCF4482.JPG DSCF4483.JPG DSCF4484.JPG DSCF4485.JPG DSCF4486.JPG DSCF4487.JPG DSCF4491.JPG DSCF4492.JPG DSCF4497.JPG DSCF4499.JPG DSCF4500.JPG DSCF4498.JPG DSCF4505.JPG DSCF4509.JPG DSCF4512.JPG DSCF4514.JPG DSCF4517.JPG DSCF4524.JPG
岩石のコーナーから化石・恐竜の世界へ続いて行く。
割とストーリーにまとめてる感じ。
にしても、綺麗な石たち・・・。

なぜか、写真が貼れないので今日は短いけどここまで。

※いつものように全写真が「写真箱」にあります。今回はFrickrに原本ファイルがあります。

131011かはく

今日は、国立科学博物館の常設部分。
地球館から。
DSCF0459.JPG DSCF0469.JPG
万年時計やからくり人形・・・どちらも東芝の田中儀右衛門さんに関連するけど昔からの技術の結晶。
DSCF0473.JPG DSCF0477.JPG
飛行機とかも展示。
DSCF0482-HDR.jpg DSCF0484.JPG
富士フイルムのカメラで富士フイルムが作った日本初の電子計算機を撮る。
レンズ設計の計算用として使われたんだって。
DSCF0489.JPG
人工衛星。この日はイトカワが採取した塵が公開されていた。並んで顕微鏡でみる催しだけど並ばなかった。
DSCF0498.JPG
DSCF0495.JPG
次は、ぺんちゃんが科博で一番長い時間見ている霧箱。宇宙線を見る展示。この日は
いつもより多い感じだった。
DSCF0504.JPG DSCF0507.JPG DSCF0517.JPG DSCF0520.JPG
化石たち・・・・。
DSCF0527.JPG DSCF0531-HDR.jpg  亀さんの指も5本で、5本に深い意味があるのかな?
DSCF0535.JPG DSCF0534.JPG DSCF0538-HDR.jpg DSCF0543.JPG DSCF0549.JPG DSCF0552.JPG こちらも興味津々で見てる系統広場。ちなみに飛び出せ!科学くんの最終回でも出た。
次は日本館へ。
DSCF0556-HDR.jpg
DSCF0555.JPG
ドーム屋根も壁のステンドグラスとか真っ白で手入れが大変そう。
DSCF0570.JPG DSCF0576.JPG DSCF0582.JPG DSCF0585.JPG DSCF0588.JPG DSCF0594.JPG
日本の周りの海の場所・深さ別に住んでいるお魚達を展示しているコーナー。空白地帯は無いぐらい、沿岸の深さに応じていろいろ住んでる。
深海展のメンダコより常設展の方が模型が精巧な気がする。
DSCF0603.JPG DSCF0606.JPG DSCF0610.JPG DSCF0625-HDR.jpg
国内での化石。フタバスズキリュウって大きい。
DSCF0648.JPG
ボケてるけど、富士フイルムのカメラで富士フイルムを撮る2回目。昔からデジカメは東芝と共同なのかな。
ここからは、常設展ではなく特集展示。(科博では企画展って言ってることがあるけど、
このブログでは常設展の入場券で観覧可能な常設以外の展示は「特集展示」。常設展の入場券に追加料金が掛かったり入場券が違う場合は「企画展」と分けています。このほかに「スポット展示」って言う3区分制)
DSCF0651-HDR.jpg DSCF0652-HDR.jpg DSCF0659.JPG DSCF0655-HDR.jpg DSCF0666.JPG DSCF0669.JPG
日本はアザミの種類が多いんだって。それで、見分け方は花の下のガクの部分や場所など
で・・・。上向き・下向きだけではないんだ。
DSCF0675.JPG DSCF0681.JPG DSCF0682.JPG DSCF0687.JPG DSCF0691-HDR.jpg
こちらの鉱物・・・と、言ってもぺんちゃんは鉱物関係は地質標本館で見るし・・・。

131010深海展

今日は、国立科学博物館で開催された深海展から。
7月にも見ているので(該当回)、2回目。同じ特別展に2回行くことは通常ないけど
今回はJAMSTECの深海リポーターの景品が当選したので。
DSCF0027.JPG
JR上野駅には秋田県のキャラ「スギッチ」が秋田観光をPRしてた。
DSCF0033-HDR.jpg DSCF0030-HDR.jpg  DSCF0039.JPG
常設展の特集展示では「アザミの秘密」と題して展示があるらしいので、深海を見た後に見てみよう。
この日は、会期末まで2日と言うこともあって50分待ちで深海展に入場。
DSCF0049.JPG DSCF0052.JPG DSCF0056.JPG
ぺんちゃんは1回目の見学の際に、図録も買って読んでいるので前半部分は通過ぎみ。
DSCF0064-HDR.jpg DSCF0067-HDR.jpg DSCF0074-HDR.jpg DSCF0077-HDR.jpg DSCF0082-HDR.jpg DSCF0085-HDR.jpg DSCF0088-HDR.jpg DSCF0095-HDR.jpg DSCF0098-HDR.jpg DSCF0102-HDR.jpg
JAMSTECのコーナーも割と通過ぎみ。
DSCF0126.JPG
お目当てのコーナーに到着。
ブログでは全部載せれないけど、写真箱には失敗写真を含め全部入っているので展示物の全てを見たい人は、写真箱へ。
DSCF0139.JPG DSCF0148.JPG DSCF0133-HDR.jpg DSCF0155.JPG DSCF0157-HDR.jpg DSCF0187-HDR.jpg DSCF0211-HDR.jpg DSCF0236.JPG
ヘンテコなものから普通のものまで、深海って生き物が少ないと思うけど種類は豊富。
DSCF0265-HDR.jpg DSCF0274.JPG DSCF0278-HDR.jpg DSCF0301.JPG DSCF0316.JPG DSCF0346-HDR.jpg
リュウグウノツカイもあった。標本だと、ネットでみる写真とかと違ってペラペラで可愛くない。
頭の上の飾り?も混線してるし・・・。
DSCF0375.JPG DSCF0395-HDR.jpg DSCF0414.JPG DSCF0417.JPG
ダイオウイカの登場!最後の写真に顔が写ってるけど心霊写真ではなく、ケースに反射したものなので・・・。
DSCF0424-HDR.jpg DSCF0451.JPG 深海展の会場を出て、次は常設展へ。

130731科学技術館

日曜日に行った、科学技術館から。
DSCF0777.JPG DSCF0778.JPG
竹橋で降りてテクテクと科学技術館へ向かっていたハズが逆に進んでいたようで、お堀の横の交番で道を聞くと、おまわりさんが親切に教えてくれた。たぶん、キョロキョロしながら歩いていたので、道に迷ってるか不審者かと思ってたっぽい。
DSCF0780.JPG DSCF0781.JPG
公文書館前を通過。確か、立川にもあったような・・・。
DSCF0783.JPG DSCF0785.JPG
到着。この日はイベントの関係で入場料金が安かった。
DSCF0789.JPG DSCF0790.JPG DSCF0791.JPG DSCF0792.JPG DSCF0793.JPG DSCF0794.JPG DSCF0795.JPG
いろんな機械などの「しくみ」を展示している。
DSCF0796.JPG DSCF0797.JPG
ふしぎ発見!の会社。
DSCF0800.JPG DSCF0801.JPG
やっぱり本物は危険なのか・・・。
DSCF0807.JPG DSCF0808.JPG
最近、松戸市内も雨が降っても道路に雨水が貯まらない舗装が流行中。坂道で便利さを実感してるけど、いろんな種類があるんだ!
DSCF0816.JPG DSCF0817.JPG DSCF0818.JPG
虫も付かず、衛生的とは思うけど味はどうなんだろ?
DSCF0811.JPG DSCF0810.MOV
巨大な万華鏡。
DSCF0798.JPG DSCF0815.JPG DSCF0819.JPG
近隣の施設のポスターやら提供各社のパンフも。
DSCF0799.JPG DSCF0812.JPG DSCF0813.JPG
食べ物から鉄鋼・エネルギーと幅広い内容。
で、イベントへ。(この日が最終日)
DSCF0821.JPG DSCF0822.JPG DSCF0823.JPG DSCF0824.JPG
江戸っ子1号を見学。人だかりができてた。

130717深海展

「海の日」関連で13日(土)~15日(祝)までは、お魚だらけ?な日程。
13日 国立科学博物館で『深海展』
14日 沼津深海博物館
15日 定期観光バスで箱根園水族館
と言うぐあい。
では、深海展から
DSCF9424.JPG DSCF9425.JPG DSCF9429.JPG
15時頃に行ったけど、入場待ち40分。待ち時間の波動が大きいけど、まぁ予想通り。
で、並んでいたら前方に会社の人を発見。さらに会場内で別の会社の人も発見。

DSCF9434.JPG DSCF9438.JPG DSCF9439.JPG
水深200メートルから深海ってことは知ってたけど、赤い光は10メートルも届かないのか。
深海魚って地味な色だけど暗いだけでは無く、届く色とかも影響しているのかな?
DSCF9442.JPG
こちらは深海の観測機器アルゴフロート
DSCF9447.JPG DSCF9454.JPG
なんだか、JAMSTECの一般公開のような・・・。(当然のように該当回
DSCF9456.JPG しんかい2000に比べて広い気がするけど、まだまだ狭い。(参考回
DSCF9462.JPG DSCF9463.JPG DSCF9466.JPG DSCF9467.JPG
しんかい6500の母船「よこすか」の模型。
静岡も、海岸から一気に深海へ。房総は陸上の地形と海底の地形が連続して関連している感じに見えるんだけど、関係あるのかな?(房総側の関連回
DSCF9470.JPG DSCF9474.JPG DSCF9475.JPG DSCF9479.JPG DSCF9473.JPG
深海生物追跡調査ロボットシステムによってさらに見えなかった深海の世界が
見えるようになるらしいので期待してる。
DSCF9480.JPG DSCF9481.JPG
日本が誇る深海底の探査機器たちの紹介。
DSCF9483.JPG DSCF9486.JPG DSCF9487.JPG
しんかい6500からインターネット生放送が行われる時代(参考)だけに機器も大幅な進化してる模様。
さて、JAMSTC一般公開コーナー(笑)を抜けて生き物のコーナーへ。
DSCF9490.JPG DSCF9493.JPG DSCF9492.JPG DSCF9494.JPG
意外と深海の生き物も多様な世界を作っている。
DSCF9499.JPG DSCF9501.JPG DSCF9502.JPG DSCF9503.JPG DSCF9506.JPG DSCF9508.JPG DSCF9511.JPG DSCF9514.JPG DSCF9520.JPG
えっ、これ深海魚なの?って言うものもあったり、グロイものあり・・・。
DSCF9525.JPG DSCF9528.JPG DSCF9530.JPG
ダイオウイカ、でかい!
DSCF9531.JPG DSCF9532.JPG DSCF9534.JPG DSCF9540.JPG DSCF9541.JPG
マッコウクジラもダイオウイカも間違って人間を食べそうな大きさ。
続いて、暮らしの中の深海魚。
DSCF9543.JPG DSCF9544.JPG DSCF9545.JPG DSCF9546.JPG DSCF9548.JPG DSCF9550.JPG DSCF9551.JPG DSCF9552.JPG DSCF9554.JPG
売店で図録を買って見学終了。

全体的に展示は良いんだけど、運営の係員さんのレベルが低く多客時のノウハウを持っていないので混乱が混雑を呼ぶ悪循環。この業者さんを毎回使っているけど、いい加減
変更して欲しい。(ぺんちゃんもこの運営の不満から年間パスは買わなくなったし、来館回数も減った)

明日も深海魚です。

130219 航空技術百年(2)

書き直してるごとに、長くなっている。
DSCF4753.JPG
自衛隊機が多い中、ぽつんとhonda jetが展示されてた。個人用らしいので大勢では
乗れないけど、これも国産機。

次は、特別展へ。「日本の航空技術百年展」だけど展示はアメリカから持ってきた零戦。
南洋エリアでアメリカに取られ、アメリカ本土に渡っていたらしい。

  DSCF4766.JPG DSCF4770.JPG
思ってたのより小さいし曲線も多用してて武骨な感じもしない。職人さん達が苦労した
んだろうな。
DSCF4788.JPG
館外に出て、公園に隣接のロウバイ園へ。
DSCF4790.JPG DSCF4791.JPG DSCF4798.JPG
満開!さて、駅にバック。
DSCF4801.JPG DSCF4802.JPG DSCF4803.JPG DSCF4804.JPG DSCF4806.JPG
JR連絡券が中途半端なエリアまでしか売ってなかった。
DSCF4810.JPG DSCF4811.JPG
西武特急って気軽に乗っちゃうぺんちゃん。ダイヤ改正で横浜とかまで行けたら
乗っちゃうかも?(家からだと、京急の快特に乗ると思うけど)
DSCF4812.JPG DSCF4815.JPG
所沢だと特急に乗るか急行にするか迷うんだよね。飯能とかなら迷わず特急に乗るけど。

3回も書いたけど、ようやく、この回は終わり。

130219 航空技術百年(1)

実は、昨日の記事の後半部分がごっそり消えていたので書き直し。
DSCF4734.JPG
 早速、所沢航空発祥記念館へ。
DSCF4735.JPG
 日本で最初の飛行場は所沢だったのか・・・。代々木だと実は思ってた。
で、切符を買って展示エリアへ。ちなみに西武鉄道とかコンビニで売ってる前売り券は
大型映像が含まれていないので、大型映像+常設展+特別展(零戦)だと
館でセット券(1300円)を買った方が安い。
DSCF4754.JPG
12:29に発券、12:30に開場、12:40開始。超順調です。
※常設部分については当日に限り再入場が可能。

大型映像館では2番組を交互に上映してて、ぺんちゃんが見たのは
「日本の航空技術百年」って言うもの。国産初の飛行機「会式一号機」から最新だけど
運行停止中のボーイング787までを40分で見ていくもの。
会式の「会」って何?徳川さんじゃないの??とか思いながら見た。
臨時軍用気球研究会の「会」らしい。ぺんちゃんが知ってる範囲では、徳川さんが
代々木で初めて飛行に成功して、プロペラが国立科学博物館地球館2階にある
ってぐらいなので、『へぇ~』の連発気味。冒頭の787では観覧者から失笑が漏れ
映像協力のANA//がちょっとかわいそう。
戦前は、世界のトップクラスだった航空技術。零戦では軽量化とか匠の金属加工技術
とか設計から実装まで国内だけで実施できていたとのこと。戦後では航空技術の
凍結があったもののYS-11が作られ多くの国で元気に飛んでいた(まだ、飛んでいる
国もあるらしい)とのこと。で787になってMRJへって言う流れ。
続いて、常設エリアへ。
DSCF4738.JPG DSCF4741.JPG DSCF4742.JPG
航空機や電話機と言った分野は、世界で発明されてから日本でも行ってみるまでの
時間差が少ないので鎖国の影響は無く、そのまま世界と同時進行。まぁ、それができる
基礎があったことも凄いと思うけど。(電話で会話した世界最初の言語は日本語)
DSCF4744.JPG DSCF4736.JPG
こちらが、会式の飛行機。なんだかデザインがいい感じで、羽生スカイスポーツ公園とか
江戸川・利根川の河川敷で飛んでいたら楽しいだろうな・・・。
DSCF4748.JPG DSCF4750.JPG DSCF4752.JPG
軍用機はやっぱり武骨で実用第一な感じ。まぁ、ペンちゃんが乗ることは無いと思う
から良いか。
DSCF4771.JPG DSCF4743.JPG
展示の中心は自衛隊機。まぁ、しょうがない。旅客機だと大きすぎて館内に入らないし。

(また、記事が消えた。長いとダメ?なのかな)