140422 科学技術週間

土曜日に行った「科学技術週間」の・・・と言いたい所だけど、今年は情報も遅くて
恒例の「社会の中で、社会のために AIST産総研」の地質標本館特別講演会に行っただけ。
で、場内がいつもの科学技術週間の一般公開と違って人が居ない。
「あれ?日付間違えた?」と思ったほどで地質以外の分野でのイベントも無いし
もしかして、理研問題の影響?なのか普段の休日と変化なし。
特別講演会なので、一般向けにお話があるのに一般人はぺんちゃんだけ。
講演タイトルは、
「巨大地震に伴う地下水のリスク」「土壌・地下水汚染 -古くて新しい環境問題-」
の2本。最初の地下水リスクでは塩害を中心に津波被災地の地中ではあまり
影響が無かったとのこと。粘土層が連続してあったのが良かったらしい。また、放射能汚染
では、フクイチの構造的な(台地を掘り下げた)問題により地下水が集中する状況で
対策は取ろうとしているけど・・・みたいな感じらしい。今後は地下水の流れも原発立地の
条件に入れちゃえばいいのにね。
2本目の方は、地質にも絡まない用語解説っぽい内容で感想などは特にないけど、
イタイイタイ病や水俣病、足尾鉱毒などがあったよね!だけで地質標本館と言うより
環境研究所の方が・・・(もちろん、地質が絡む話は無い)。
DSCF3836.JPG DSCF3837.JPG DSCF3838.JPG DSCF3839.JPG DSCF3840.JPG DSCF3841.JPG DSCF3845.JPG
今回は地質標本館での特別講演会なので大人数では入れず、事前に来場者は少ないと踏んでた模様。
また、特集展示が切換られてたので見学。
DSCF3856.JPG DSCF3857.JPG DSCF3858.JPG DSCF3859.JPG DSCF3861.JPG
常設展は変化が無いけど、ついでに・・・。
DSCF3862.JPG DSCF3863.JPG DSCF3866.JPG DSCF3867.JPG DSCF3869.JPG DSCF3870.JPG
こうしてみると、やっぱり箱根も大きな火山なんだと改めて認識。
阿蘇山に似てるし。
DSCF3881.JPG DSCF3882.JPG DSCF3884.JPG DSCF3885.JPG DSCF3886.JPG
石油って液体のイメージがあるけど字のごとく石だった。前にも見てるハズだけど
今回もちょっと驚いた。(まぁ、常設の部分は庭を掘ったらこんなキレイな石が出てこないかな?なんて思ってるせいか地味な石には注目が少ない)

地質以外にもAIST産総研は様々な研究を行っているので、そちらも見学。
DSCF3893.JPG DSCF3895.JPG DSCF3896.JPG
国立科学博物館にもレプリカがあったので見たことがあるけど、ここが大本山(かも)。
DSCF3897.JPG DSCF3898.JPG DSCF3899.JPG DSCF3900.JPG DSCF3901.JPG DSCF3902.JPG DSCF3905.JPG
ロボットや発電方法などからナノの世界まで色んな事を行っているんだって。

131107入間航空祭

日曜日に行った、入間航空祭から。
西武池袋線の稲荷山公園駅に隣接しているため、アクセスはいいんだけど・・・・。
DSCF4962.JPG
駅の臨時改札も人・人・人。
DSCF4963.JPG
会場に向かう人達・・・。ちなみにこの日に一番見たのは飛行機では無くって、踏切を通る西武電車かもしれない、ってくらい踏切待ちが長かった。
DSCF4965.JPG DSCF4964.JPG
特設売店も人だらけ・・・翌日知ったけど、この日33万人も来てたんだって。
TBS系ドラマ「空飛ぶ広報室」の影響もあったらしい。
DSCF4969.JPG
ただ導線計画がなかったっぽく、どこも輻輳ぎみ。一方通行とか設定してれば良かったのに。
DSCF4977.JPG
ちょっと小さいのでトリミング。
DSCF4976.JPG
急な角度のままで飛んでいた。
DSCF4983.JPG DSCF4986.JPG
あまり災害救助とかで活躍している場面が出ないので、どういう時に必要な技術か知らないけど、素人目のぺんちゃんが見ても凄い。
DSCF4989.JPG DSCF4992.JPG DSCF4990.JPG
池袋側に移動。どこも人が多くって移動だけで疲れる。
DSCF4994.JPG DSCF4996.JPG DSCF4997.JPG DSCF5001.JPG DSCF5003.JPG DSCF5005.JPG DSCF5008.JPG DSCF5009.JPG
倉庫の中に飾っていた。
DSCF5010.JPG DSCF5011.JPG DSCF5013.JPG DSCF5018.JPG
これって海に落ちちゃった時用?まぁ、備えは大事だけど無茶しないでね。
DSCF5030.JPG DSCF5034.JPG
滑走路に駐機中。
DSCF5046.JPG DSCF5047.JPG DSCF5089-MOTION.gif
パラシュートで落下デモ。
DSCF5142-MOTION.gif DSCF5153.JPG DSCF5149-MOTION.gif
ぴったり息の合った飛行などがお披露目。
その後、陸上自衛隊の第一空挺団も。あれ、このチームは水防演習の時にも来てなかったっけ?(該当回)もしかして、目立ちたがりな部隊なのかな。
DSCF5228.JPG DSCF5238.JPG DSCF5245.JPG DSCF5247.JPG DSCF5222-MOTION.gif
[tube]

http://www.youtube.com/watch?v=aJVlwzBUzBY
[/tube]
やっぱり、水防演習よりもこっちの方があってる気がするけど
水防演習に来るってことは住民救助のスペシャリストなのかな?
DSCF5308.JPG

 そろそろ、バック開始。
DSCF5317.JPG DSCF5318.JPG
写真の左側が会場だけど、踏切が鳴り出しても渡りきれない人が多くって駅員さんらが気にしてる。(工事の制服を着た人が踏切横に待機して操作してた。)
さすがに西武は慣れていると言うか、電車発着時には手を広げて安全を確保してるし。
※YouTubeにはアップロード中だけど失敗してるかも。

131023海上保安庁〔立川〕

土曜日に行った海上保安庁〔立川〕の一般公開から。
DSCF4423.JPG DSCF4421.JPG
今年はあまりPRしてなかったみたいだけど、観覧者は多くて「恒例行事」になっている模様。
DSCF4368.JPG DSCF4370.JPG DSCF4372.JPG
最近は何かと露出が増えて来て、尖閣や台風などなど強敵が多い。
DSCF4386.JPG DSCF4387.JPG DSCF4388.JPG
燈台コーナーはいつもと変わらず。と言うか、ほぼ例年と同じ。
DSCF4393.JPG DSCF4400.JPG DSCF4407.JPG
音楽隊の演奏は倉庫?みたいな所に場所が変わったけど、床の掃除もしてないし・・・。
今までの芝生の上の方が良かったかも。ただ、ヘリとか周辺が騒がしいので微妙だけど。
DSCF4417.JPG DSCF4415.JPG
毎回、海流って意外と早い!と思ってしまう。海の中の川の流れみたい。
DSCF4411.JPG DSCF4412.JPG
あれぇぇ~。今年は「うみまる」君だけ?「うーみん」はどこへ??
DSCF4425.JPG
帰りは、立川市の「くるりんバス」(100円)に乗って駅へ。
DSCF4426.JPG DSCF4427.JPG DSCF4431.JPG「でかける人を、ほほえむ人へ。西武鉄道」の武蔵砂川駅からバック。
DSCF4428.JPG
西武バスの感謝祭があるらしいけど、松戸から遠い・・・。
DSCF4436.JPG DSCF4435.JPG
上井草で途中下車。今回は、定年になった重兵衛さんちへ。
DSCF4444.JPG DSCF4447.JPG DSCF4446.JPG
吉祥寺のおいしいパン屋さんを教えてもらった。「ここね」武蔵野市中町2-24-11
※火・金・土曜に営業。(公式ページの地図の所に営業日の案内がある)
松戸へ。
DSCF4449.JPG DSCF4451.JPG DSCF4450.JPG
駅前の飾り付けは「ハロウィン」になってた。

131015JAMSTEC一般公開

JAMSTECの一般公開に行ってきたので、その様子から。
今回、見学に行ったのは追浜では無く、杉田の横浜研究所。ぺんちゃんは初めて行くところ。
DSCF3748.JPG
京急の杉田駅で電車を降りて・・・早くも道に迷う。と言うかKQとJR線の位置関係を
JR東海道線と思っていたらJR根岸線だったので、完全に逆。改札を左・前に進む所
右・後ろに行っちゃった。スグに気づいたけど。
DSCF3750.JPG
踏切を渡って研究所へ。途中に係員さんが立っていて、スムーズ。
改札前に居てくれたら良かったのにね。
DSCF3753.JPG DSCF3754.JPG
到着。早速、見学。
DSCF3755.JPG DSCF3756.JPG
しんかい6500は世界一周旅行探査。いろんなエリアで例えば生き物とか特徴的な地形とかに違いがあるんだろうか?
DSCF3765.JPG DSCF3766.JPG DSCF3767.JPG DSCF3769.JPG
続いて、「ちきゅう」のコーナー。博物館で見るときと違って実際はゴツゴツした円柱状のものだった。縦切りにして半分は保存して半分は研究用に使うんだって。その研究用を薄くスライスしたものが博物館とかで展示している薄い長方形のコアになるそうな。地球の長い歴史が詰まっている玉手箱みたいな感じ。
DSCF3770.JPG DSCF3771.JPG DSCF3772.JPG
次は駿河湾方面の海底のコーナー。200メートルより深い部分が深海になるけど、この地図で言うと、薄く水色で塗ってる部分からが深海。小田原とかも目の前の海は深海らしい。
沼津や富山だけでなく、意外と近所にも深海の世界が広がっているんだね。地上の地形と似てる部分もあって、「たまたま今の時代の水面がこの高さにあるだけ」みないな錯覚に陥った。
DSCF3783.JPG DSCF3785.JPG
地震コーナーも人、人、人。海底地震計ってぺんちゃんは海底ケーブル(byKDDI)みたいなのを想像してた(過去の防災研で見た)けど、こちらはまた違うタイプ。地震と言えば「ナマズ」だけど、解説パネルに登場してたけど深海にナマズって住んでたっけ?
DSCF3790.JPG DSCF3786.JPG DSCF3793.JPG DSCF3795.JPG
最後にスパコンの建物。スパコンを間近に見るコースは抽選待ち行列で挫折。ぺんちゃんは別の研究所で見たことあるし(IBM製だった)・・・。こちらはNEC製。
さて、バック開始。
DSCF3805.JPG
京急沿線って、「でかける人を、ほほえむ人へ。西武グループ」の会社が多い気がするけど・・・。
DSCF3806.JPG DSCF3807.JPG DSCF3809.JPG DSCF3811.JPG DSCF3810.JPG DSCF3812.JPG
疲れたので境内で休憩。
DSCF3815.JPG DSCF3824.JPG
象さんと龍が居た。ついで?に
DSCF3825.JPG
ネコも休憩。
DSCF3830.JPG DSCF3832.JPG DSCF3835.JPG
ぺんちゃんの好物「たいやき」を駅で頬張りながら電車待ち。急行が止まるから意外と便利。普通も本数が多いし。でも、快特に乗り換えるけど。
と言うことで、今回はおわり。