おっ、トラックバックだぁ

トラックバックが付いた記事を読むと@niftyの説明だった。
昔はNIF(エヌ・アイ・エフ)(日商岩井+富士通=NIF)って会社だったと
思い出しながら読みました。

今日は、台風。途中で消えたのかと思いました。雨・風とも通常時と変わらない。
河川も指定水位以下(荒川水系で一部指定水位を超えてた)、で
ドコモショップに行ったら台風のため臨時閉店。かなり信じられません。
そこの近所のauショップも開いているのに。(もともと、ドコモショップの方が
営業時間が短い。)と、言うことでNTT.comのcocoaを解約。申し込みから
1ヶ月以内でのスピード解約となりました(初めてです)。で、ドコモも解約
しちゃおー。まだ、テプコ光のサービスエリア外なのでNTT東は解約できない
けど・・・。ちなみにココ(NTTレゾナント)は、NTT-BB時代(ブローバー)に
加入してた時期があるので、珍しく出戻り?なんです。
接続プロバイダーも乗り換えいっぱいしてるけど、出戻りはナシ。
記憶にあるだけでIBM、MSn、ドリームネット、KCOM、@nifty・・・。

Bart PEに挑戦中

CDからパソコンが起動して、そこそのことができるようにするため、
WEBページを参考にBartPEに挑戦中。
うまくいくと・・・。
LAN接続のハードディスクからバックアップを戻したりできるらしい。
USBなんかも使えたらいいなぁ。
現在、挑戦中ですがデスクトップ機(IDE接続のHDD)は起動できて
インターネットなんかも利用できたけど、Giemonは起動してくれない。
明日でも、詳しい人に聞いてみよう。
ちなみに東芝とJustsystemの電話サポート窓口は何度か使ったことがあるけど
基本的に親切だった。Outlookの質問をJustsystemにしたこともあるけど、
予想以上に答えてくれた。(マイクロソフトは話し中ばっかで、お話しできない。)
しかし、デスクトップパソコンを買ったときに強ーい味方も買っている。
その名も「もうあ缶!」。九十九電機ってパソコン作るような人が行くお店だから
(かなり偏見?)、安いパソコン買うときに万一に備え買っておいたのだ。
店員さんからすると、お買い物スタイルに問題ありらしいけど・・・。
例)デジカメ買うとき編。
動物園に行って、遠くにいるライオンのお髭が写る操作が簡単なデジカメちょうだい。
例)デジカメ買った後編。
デジカメのフイルムちょうだい。
例)デジカメ写真整理編。
雑誌に載ってたこのソフトちょうだい。(今回は具体的!)
事前に調べてお店にいかないので、店員さんが選択。オプション類も店員さんが
選択。「したいこと」と「予算」を言うだけ。たまに「嫌いなメーカー」も言う。
(社内では、「初心者モード」になってると言われる。)
*ちなみに初心者モードでお店に行ったときは必ず購入する。
 なければお取り寄せ。

通販ではこういうことができないので、バーナー貼ってるように
Justsystemから買う。電話やメールで聞けるし、値段も「激安でも不安」でなければ
「大手ショップって安心だけどちょっと高い」でもない。

これに近いスタイルを維持してる分野がもう一つ。「スクーター」。
インターネットから印刷したページを持って行って「これちょうだい。」
本田の50ccスクーターなんか1台も置いていないお店なのに・・・。
しかも、乗ったこと無いから運転教室も開いてもらい
ヘルメットのヒモの長さ調整すらしない。ただ乗るだけ。当然、点検整備も
お店に乗っていくだけ。途中でエンストしたら何もできないので、お店に電話して
お迎えに来てもらう(事故った時も、お店がレッカー業者に引き取り)。
*お迎えサービスは、以前は50ccスクーターだから行けるとこまで、どこでも
 okと言っていたが「新潟県境のトンネル、出そうでコワイ」とか栃木の奥地まで
 行ってるため『お店から100Km以内。高速代のみ実費。』と
 制限が付いちゃった。そりゃ、小田原とか軽井沢までとか行っちゃうけど。
3〜6ヶ月間隔の点検整備・早めの部品交換なので、
他店に比べると充実したサポートらしい。(事前に予算を伝えているので、予算内で
自由に交換してもらう方式。予算が足りないときは次回の定期点検で換えるので
幾らぐらいか教えてくれる。)
*「国道こわーい」と言いつつ環七・環八+笹目を通ってたり(あそこは都道)、
 未だに2段階右折を理解してなかったり、広域農道はもちろん通り
 近所のおばちゃんに「ここどこ?松戸ってどっち?」と・・・。







今日のお出かけは

 
この写真を見ただけで場所がわかった人は凄い。
船の科学館」ではありません。工作船もいなくなったみたいだし。
詳しく知らなかったけど、「原子まぐろ」(放射能に汚染されたマグロ)なんて今じゃー
風評被害を招くとしてして使えないような言葉も展示されてました。
と言うことで正解はこちら。すごいURLだなぁー。
で、メインで行ったところ・・・。

葛西臨海水族園のエントランスに似てます。どっちもJR京葉線沿線だし。
正解は、こちら
  
ちょうど、ハスの展示がありました。午前中に行けば良かった。
  
食虫植物の展示は「国立科学博物館付属筑波実験植物園」より見応えがあります。

電車・バスでのアクセス方法
みんくる(都営バス)


地震びりびり

昨日(6月23日)の地震は凄かった。
その時、映画館で『皇帝ペンギン』を見ていたのですが、子供達が一斉に飛び出し
親たちも「落ち着いてって言えない状況で自分も怖かった・・。」など言ってました。
ちなみにラストまで見てた人は3名でした。
東京地下鉄(東京メトロ)やJRもかなりの間、止まっていたようで電車でおでかけして
なくって良かった。
最近、地震が多いので考えるのが
地震で電車(鉄道)が止まるのはしかたないけど、その時の通勤方法。
緊急車しか通れない道でも「みんくる」は走って欲しいもんだ。
*「みんくる」は東京都交通局の登録商標
自衛隊のトラック・・・うーん、「さわやか行政サービス推進月間」なら乗ってもいいけど。
(防衛庁・自衛隊の「さわやか行政サービス」って、イラクの皆さんに親日派になっていただく
とか、敵のミサイルを笑顔でお出迎えするとか、ぐらいしか想像できない。)

そんなぁー・・・。

前回のブログで「速攻!全国ゼンリン地図帳」の市街地・住所検索データを入れてないことに気づき導入することに。全国の地名(市町村レベルですが)今、○○県付近などと・・・。
最初だけ見てました。librettoに付属のドライブで8時間強導入にかかりました。
まぁ、他のソフトも同じくらい時間はかかってますけどね(Its-moNaviを除く)。
思わず、携速xp(ソースネクスト)を買いに行こうか?迷いました。(実際は買った。)

地図ソフト

パソコンを持って外出するなら「地図ソフト」は導入して迷子は避けたい。
「Ezナビウォーク」でも地図の表示や電車の時刻・運賃が表示できるので必須ではないけど
広い画面の方がやっぱりGood。

Its-moNavi(ゼンリンデータコム)は、情報量も多いしお値段も安いけどインターネット接続が
必要となるので、今回はボツ。地図に貼り付けたメモなども同期できる。オプションで
タウンページ検索もできる。


ゼンリンの電子地図帳「Z:7」。こちらはインターネットナシでも利用できる。機能的には
Its-moNaviとほぼ同じ。

速攻!全国ゼンリン地図帳」は、Z7と同じ操作性ですが、機能面で大きく違います。
「花子」連携機能がプラスされルート探索やタウンページ検索ができません。「一太郎」
「花子」を使って案内図を作成する用途向けです。(ゼンリンのWEBページには記載されていません。Justsystemの扱いになります。)
ゼンリン系の地図は、拡大・縮小がスムーズにできる点が非常によいです。
また、某社のようにゼンリン地図のパクリみたいな心配もありません。

こちらは、「プロアトラスSV」。本屋さんで売っている地図帳の電子版のような画面です。
全画面とも、最大に拡大した状態の、東京都足立区青井1−1−2付近を表示させてます。
ゼンリン系に無い特徴として、「標高」「世界測地系での経緯度」の表示ができます。
(ゼンリン系は「日本測地系(Tokyo97)の経緯度表示」のみで選択できません。)
*プロアトラスSV全国版はDVD2枚組です。導入時間がかなりかかりますので注意。

GPS機器を使用の際は測地系の設定を必ず確認してください。
同じ緯度経度でも日本測地系と世界測地系では場所が違います。
測地系については、国土地理院WEB解説があります。
*ソフトによっては日本測地系をTokyo97とか旧日本測地系とか表記されてます。

はらたいま に行ってきました。

はらたいま・・・はらたいら・・・危うくタクシーの運ちゃんに言いそうになった。
その次に思ったのが「原大麻」。旧陸軍が麻薬の大麻でも栽培してた?漢字で書くとこうなります。
JR相模線の駅です。
この相模線、ドア開けボタンを押さないと開かないのに気づかずにドアの前で早く開かないかなぁなんて待ってました。

前回、記載した「常時安全セキュリティー24」の導入失敗ですが、ようやく成功しました。
どうやらここから導入しないとNGなケースがあるのかも?
今回の原当麻駅もW31Tで撮影し、BuletootでPCに持ってきていますが、Giemon(libretto)のプロファイルが「HOTSPOT」「M-Zone」ではうまく持ってこれないことが判明しました。一応、メッセージも「Buletoothと無線LANが使用する電波の帯域が同じため、通信できないことがある。」って表示されていたので知識としては持っていましたが、速度が遅くなるとか・同時使用できない程度に思ってました。

次回は、「地図」について取り上げようと思います。


 

セキュリティー対策

Giemon(libretto)も、初期状態でノートンアンチウイルスが付いているので、取り敢えず導入している。でも、ウイルス以外にも今話題のスパイウエアとかもあるらしいので@niftyの「常時安心セキュリティ24」を使用することに。
Giemonに早速導入してみたがインターネットに接続できなくなったので、アンインストール(常時安心セキュリティとCiscoVPN)。これで元に戻った。デスクトップパソコンに導入してみると正常に動作しているのでGiemonについても情報があれば記載していきます。

さて、自宅デスクトップ機ですが
WindowsUpdateは、週一回程度で実施し、ノートンインターネットセキュリティを使い、さらに@niftyでのメールウイルスチェックを行い、耐ウイルス性に優れているJustsystemの「シュリケン」最新版を使っていると言う『ウイルスなんて面倒なことは、絶対にイヤですからね!』と意気込んでおりましたが、「常時安心セキュリティ24」のスパイウエアチェックで13個も発見されてしまった。
油断禁物です! 
自宅にパソコンしかないのにSQLサーバーで使うポートにアタック?をかけられ、セキュリティ対策ソフトがブロックしてるけどものすごい量で実質ハング状態でパソコンが使えなくなっている人も知ってるし(しかも、プロバイダーの免疫力にも問題あり。固定IPを振っているのに、対策が皆無)、完全な安全は無理にしても「できることから」対策しないとね。
@niftyBBセキュリティはナゼか動作しなかったので解約したのがNGだったのか??


あー、ここのブログ。電車の中でふと思いついた事なんかを書こうと思ってたのに
道をハズしてますねー。皆さん、どうなんでしょ。外れていくものなのか?

広告を付けてみました。

ちょっと、広告のリンクをここに付けてみました。実は、一回やってみたかったのですが「原則としてHTMLなんて一切書かない。」と言うポリシーのため、Dreamweaver とかXOOPSとかでのWEBページは作ったことがあるけどね。プロバイダーさん側で広告が強制的に表示されるところは、そもそも使ったことが無いし・・・。
無料のサービスって、かなり警戒してます。文書が消えても、写真が無くなっても、イヤですから。
知らないところで勝手に使われているみたいな。
そういえば、XOOPSで使っていたプロバイダーさん(カゴヤインターネット)からロシア方面から不正使用されている可能性があるので、パスワードを至急変えてお客様サポートに電話連絡してください。ってメールで言われたことがある。ちゃーんと監視してんだぁー、なんてのんきに考えてましたが今思うとコワイです。(勝手にディスク内にファイルを置かれてたらしい。)

デジカメ写真についてはフォトハイウェイジャパンに置いているけど、こちらは社員旅行の写真配布と、写真にするとき用で使用してる。家電量販店にある1枚50円の写真より安くてキレイに仕上げてくれるから。あの50円印刷機で写真にするときの、妙な待ち時間もキライだし。
文書ファイルなどは、インターネットディスクに置いて使い分けてる。こっちだと、使用するパソコン全部のマイドキュメント(「インターネットディスク」フォルダ)が同期されるから、ディスクが壊れても平気。実際、会社のパソコンが1月に2回、4月に2回Windowsの入れ直しが発生したけど重要ファイルはインターネットディスクからダウンロードされて無事でした。
今じゃー、WEBページのスクラップブックで使っている「ネタの種」なんかも同期させてる。でも、この機能「一太郎」にもWEBページを文書に取り込むことができるので、買うなら要検討かも。
(どちからと言えば、一太郎は画面のコピーっぽくなり、ネタの種はIEの保存っぽくなる。)

なんだか、今日はだらだらと書いてしまった。


Buletoothに挑戦

初めてのBuletooth。イメージ的には、USBケーブルの無線版ぐらいに思っております。
実際に行ってみて、かなり便利。USB登場時にもスゴーっと思ってましたが。
何よりも簡単。すこぶる便利。ケーブルレス以上です。


携帯側でBuletoothの「ダイヤルアップ接続」を選び(○下下右○5)、
PC側で[スタート]-[プログラム]-[TOSHIBA]-[Bluetooth]-[Bluetooth設定]を選ぶだけ。
後は、次へで進んで行く。途中で番号を聞かれる(携帯・PCとも)。携帯に番号を入れ
同じ番号をPC側にも入れることで機器間が結びつく。
その後、最後の方で電話番号を聞いてくるので
電話番号は*99**24#
ログイン名は、プロバイダーの接続ID+@ドメイン名(例:PFD00000@nifty.com)
パスワードは、プロバイダーの接続用パスワード
最初は、USBケーブルの無線版程度に思っていなかったので、ここを適当に通過したら
後から、「発信音が聞こえません」とかちょっととらぶっちゃった。
電話機に添付のCDからドライバーを入れようとしてみたり・・・(必要ありませんでした)。

Giemon(libretto)は、家と会社では有線LAN、外でお茶してる時は公衆無線LAN、
何もなければ携帯からと通信手段が多種多様なため、IEの設定で「ダイヤルアップしない」
にして状況に応じて接続後に起動させることに統一。そうしないと、従量制だから・・・。

続いて、携帯で撮った写真も転送。
携帯で「ピクチャ送信」を選んで写真を選ぶと、PC側に小窓が開いて保存先ファイル名が
入力できる。そのまま[Enter]でマイドキュメントの下のBuletoothに写真がコピーされる。
メールに添付するよりも、メモリーカードで受け渡すよりも簡単。気分的には
リモコン操作だけで写真が送れる感覚。専用モジュールを付けると対応プリンターから
印刷して出てくる(PCは要らない)らしいけど、これだけでも十分満足。

ちょっとだけ残念なのは、PC・携帯とも関係する情報・マニュアルの記載が少ない。
どちらも、それぞれの機種のマニュアルをご覧くださいっぽい記載があり
試行錯誤の可能性がある。