070421つくば(植物園編)

今月のつくば植物園。

セイヨウシャクナゲ(ツツジ科)の園芸品種が木全体をピンクに染めて目立っています。
その裏のスミレ園もようやく花がボチボチ咲き春全開の植物園。実は、植物園だけでバッテリーが赤信号。

写真を撮ってたら鳩がやってきた。きっと撮して欲しかったのでしょう。写真とったらどこかに行ってしまった。

オトメツバキ(ツバキ科)
花びらの一部が変色してたりしてのきれいな椿には巡り会わない。こちらは栽培変種とのことで花が長持ちするのか?
キレイだった。


フデリンドウ(リンドウ科)
枯れ葉より小さい。地面からちょっと出てきて満開。花びらも芸が細かい。

コバノミツバツツジ(ツツジ科)
今月はツツジ科の花のピンクが園内にいっぱい。ただ、種類が多いので全部撮っていられない。


オキナグサ(キンポウゲ科)
先月も登場の翁草。予定通り変身中。たぶん来月分では撮影対象外になると思われます。


ユキモチソウ(サトイモ科)
サトイモ科の花ってフード付きが多い気がする。秩父鉄道沿線で森に生えている所を見たことあるけど
つくば植物園では今回初登場。

キエビネ(ラン科)
つくば植物園の中でもあまり花が咲いているのを見かけないエビネ。どちらかと言うと日陰で湿ってそうなところ
に植えられているので目立たない。

*つくば植物園では、さくらそう展を開催中(4月30日まで)です。
期間中さまざまな品種のさくらそうが楽しめます。また、一部販売もあるようです。


5月18日のみ、国立科学博物館(上野)の入場料が無料
*ちなみに、4月24日は、東武ワールドスクエアが入園無料。