070423nanaco

いつも会社に行く途中でよるコンビニに新しいバイトのおばちゃんが登場。
このお店の滞在時間はおよそ90秒なので(秒単位かい!)それまでにレジが終わらないと、何も買わずに出てしまう。
それを知っている店員さんはバーコードをスキャンしてEdyでお支払い以上!って具合にきびきび処理してくれる
(袋は持参&自分で入れる)。京成バスなみの時間感覚ではないので、新しいバイトさんの時は気を遣う。
信号が青で先頭集団に行き、コンビニ寄って次の集団の末尾になるんだけどたまにタイミングがずれて波に乗れない。
で、お昼もコンビニ。Edyの使えるA社と7−11が会社の両脇を固めているけど、このたびA社が閉店することに。
オープン2年目で施策ミスと言うか、明らかに客離れを起こし3年目で方針転換したけど不思議な品揃えと低品質な店長さんら
スタッフを取りそろえ(おつりの過不足は当たり前。)、いつ閉店だろう?と半年前から囁かれていました。次はL社が希望です!
で、7−11でお弁当を買ったらnanacoの説明をおばちゃん店員さんらが行い、ペンちゃんは申し込みまでしたのでした。
「お弁当とおやつの時に使ってくださいね。」いやー、ここのおばちゃん店員さんら良くご存じで(笑)。
でも、Suica/Edy/nanaco・・・ぜーんぶまとめてくれた方が良いんだけどなぁ。コンビニごとに違うのは面倒。
違う7−11できれいなパッケージのミルクティーを見つけ早速nanaco利用。缶の形をした牛乳パックだった。
ただ、おいしそうな飲み物を買っただけだけど実はeco&森林保護への協力もできたらしい。
 (この記事書きながら知ったので、偉そうに言えないけど。)

帰り、いつものあんみつ屋さんへ。(常連か?)いつものように「ふた」なし、袋なし、カップにスプーンを指してもらって
食べながら商店街を歩く。
知らない人が見たら変質者かも?悪いことしている訳でもないし商店街の売上げには貢献してるんだけどなぁ。