091101 戸定邸1

今日のお出かけは、松戸市の戸定邸。(去年の秋の戸定邸の回
この季節に限り家の中は菊で埋め尽くされます。
もともとは、水戸藩最後(11代)の藩主、徳川昭武(第15代将軍徳川慶喜の弟)
の別邸。その後、松戸徳川家になった場所が公園と千葉大園芸学部に
なっています。ある意味、花関係の先端地域。
このエリアを今回はお散歩。(家から近いし、雨が降ってもOK)

の前に、昨日の「091031 花ファンタジア」で十月桜が咲いてた部分が
エリアごと欠落していました。どこかの回で記載できたら良いな・・・。

コンビニで腹ごしらえ。


これが、ペンギンだったらジェンツーペンギンさんかヒゲペンギンさん。
すずめさんでは無いので、何もあげず。

それでは、戸定歴史公園・千葉大の回スタート。

予想通り、今年も隙あれば菊。

歴史館では、千葉大学園芸学部創立100周年記念展示
「江戸時代の園芸文化史」を開催中(有料:セット券240円)

ちなみに千葉大学は100周年ではありません。(1949年設置)
このため通常の松戸徳川家関係の展示は現在観覧中止です。

江戸時代の浮世絵や園芸雑誌みたいなものを展示。今見ても、珍しい花が
書かれてたり、品種改良とか・・・。江戸時代の庶民とあまり嗜好面では
変わらないのかも。当時の先端だったイギリスと比べても庶民への広がり・関心
の面では日本の方が上だったらしい。松戸徳川家では万年青を収集していた
とのこと。(館内撮影禁止です。)

では、戸定邸へ。菊ばっかです。


一応、徳川家ですから・・・葵の御紋はいたる所にある。


↑今年の1等賞


去年は湯船の真横まで菊があったけど、さすがに不評だったのか
脱衣場までになってました。これでも5枚に1枚程度しか記載してない。
もちろん、全部写真に撮っていない中で・・・。ホント、菊だらけ、

町会園芸部の優秀作品も展示。

続いて、庭園(梅園)を通って千葉大へ。いつもは通り抜けできないけど
100周年記念行事で通り抜けできます。しかも、今日は学祭期間中!


11月15日まで千葉大園芸学部でも記念展示を実施中(こちらは無料)

もともと、こういう菊が戸定邸を埋めている菊になったのかと思うと
不思議って言うより、「江戸時代もなかなかやるなぁ〜」て感じ。


ちょうど、与謝野晶子の句碑の除幕式が行われていた。松戸市長さんや千葉大・
市民団体の皆さんらが来賓で来てた。松戸駅で選挙の時に演説してた渡辺ひろみち
さんくらいしか、ぺんちゃんは顔と名前が一致しないんですけど・・・市長って
どの人?

与謝野晶子さんが松戸・園芸学校で詠んだ60句の中から2句を刻んでいます。
※写真に写っている来賓の人は、知らない人です。目線する訳にもいかず
記載してますが削除・目線をご希望の際はご遠慮なく申しつけください。

「園芸学部のあゆみと未来」は次回記載予定。
一言で感想を言うと、千葉大園芸学部はスゴイ。
いろんな野菜や花(の品種)を作ってる。見慣れたものから見慣れないものまで。

091101 戸定邸1” への1件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    読んだら削除してください!

    ブログは自分の世界を発表すれば良いのですがひとことはコミュニケーションが大切。
    私のところの100コメ打ち止めをするのはみっちーと会話が続いている最中にペンスパさんが入ってきて100コメを踏んでしまった!
    となると次のひとことがつながらないですよ!みんな相互訪問で色々と会話が進展するのでわかりにくいかも知れませんが、そこら辺をわかってもらえます?その意味でひとことを自身でやる事を進言したのですが・・・
    なお、返信は結構ですので心配なさらないでください。ブログとひとことは区別して進めておりますので。

コメントは受け付けていません。