091109 千葉県立中央博物館5

千葉県立中央博物館の回も今回で5回目。ぺんちゃんにも多少焦りがでてきた。
よって、快特進行!


次の展示室は「歴史」。大きな馬の埴輪がお出迎え。でも、埴輪の展示は
少なかった。と、言うか芝山町で埴輪を大量に見てるのでいいか。
(参考: 埴輪の町:芝山   

土器はまぁまぁ。

地層や生物の展示でも出てきたけど、海岸線の変化。
それだけ、重要なことってことか。

弥生時代。

古代の千葉県。今の千葉県+東京都・埼玉県の一部±茨城県の一部

一気に時代が進みます。

国府台合戦。家の近所の里見公園が舞台。
里見公園は直近だとバラ園しか行ってない・・・


写りが悪くて恐縮ですが、お魚の加工品。
昔から海に囲まれてるだけあって漁業は盛ん。しかし、最近知ったんだけど
ぺんちゃんが定食屋さんで食べる焼サバ定食のサバとか実は北欧から輸入してる
らしい。日本近海ではお魚がいないのかも?(こういうテーマの博物館とか
WEBページがあったらいいのに。)

市川市立歴史博物館(この回で登場)でも登場した「市川船橋戦争」。仲の悪い
市川と船橋ですが今では松戸・柏も含めて合併を検討と言うことで
(たぶん、それぞれ仲が悪いので合併は微妙)ちょっと歴史の皮肉ってヤツ?

これは説明不要ですよね。県内の各博物館にある「通運丸」。


伊能忠敬さん関係の展示もあった。(佐原の忠敬記念館にもあった)


歴史の展示室でぺんちゃんが一番見とれてしまったのがこれ。
超立体!どうやって彫ったんだろ?

歴史の展示室は終わり。すごい省略のしかたと言うか、興味を持っ展示だけ
で残りは惜しげもなく通過。

林業の千葉。
どちらかと言うと里山ばっかだけどね


↑↓ハンノキの花粉


↑↓マツの花粉


↑↓木と言うか木材各種


なぜ、キノコの展示が菌類ではなくココなのか・・・。
一応、毒キノコと食用キノコで林業の扱いらしい。

今日はここまで。一応、次(6回目)で館内がおわって
7回目からお散歩編の予定。館内だけで6回組ってたぶん、ぺんちゃん初!!