091127 九州3

今回で九州の巻は終わり。「街で見かけた」編です。


鳥居に配慮したのか、ビルの真ん中に道。


その脇には小倉城職人口門跡の碑が建っていた。

噴水がいろんなパターンで吹き出し見てて面白い。

ビルの横は小倉城。正面の建物は北九州市役所。

紅葉がイイ感じ。

クリスマスの飾り付けが始まっていた。

4階に連絡通路が・・・見つからず1階の総合案内所で聞いてビルの外側の入口
から入り直し。

バス停の目の前が入口だった。

1〜4階の入口と違うために4階から書かれているけど、ようやく地図の資料館
へ到着。

入場料は100円。
ぺんちゃんは以前「月刊 地図中心」と言う雑誌でゼンリンの特集が組まれ
読んでいたので存在は知ってたけど、今回が初めての観覧。

伊能図が床に敷かれていたり、壁に貼られていたり

明治・昭和・平成の北九州の地図があったり、航空写真があったりしてた。
で、今の北九州(小倉)も。

電灯の光がちょっと邪魔なんだけど。

新幹線とか在来線も見える。

しかし、白地に青の新幹線は見なかったなぁ。

↓在来線の方が長い気がするんだけど・・・

福岡・北九州間はJR九州・JR西日本・西鉄と競争が激しいので本数も多い。

そんな中を2両の列車も。

ゼンリンの創業者の大迫さんのコレクションからも一部展示。

18世紀のジパング。


黒船ペリーさんが作らせた下田付近の地図。海の中の点に見える部分は水深が記載
されている。


昭和21年の鉄道路線図

今の近鉄田原本線が、まだ近鉄になってないし櫻井を目指していたりしている。

ここからは、ちょっと話題が変わってゼンリン地図。

昔は修正液で地図をアップデートしてたのか!しかも、文字は手書き。

あれ、NTTのシールとかある。ってことは、割と最近まで地図職人さんが
シール貼ったり手書きして地図を作っていたの?


昭和57年から手書き文字から活字へ徐々にアップデート。

相変わらず、修正液は健在。

古い善隣地図

図書室?のパネル展示。
ゼンリン地図のできるまで。

↑↓国土地理院の仕事

ゼンリンの仕事は、「一番詳しくて、使いやすい地図を作ること」だそうです。


ぺんちゃんも持っている、「ゼンリン電子地図帳Z:」や「いつもNAVI」に
なって調査員さんが足で調べた結果が反映されている。


マウスに似た機械で入力してるのか。手書き地図からデジタルへ。

これらの各シートを重ね合わせて1枚の地図に。紙とペンと修正液から凄い進化。


全国のゼンリン地図。(実際は写っている範囲の2・3倍の量)

出版社ですから・・・一時期は地図の雑誌「ラパン」とかも扱っていたし。

さてと、1階へ。

NHK大阪放送局大阪歴史博物館もこんな形だったような・・・


噴水の池の水はそのまま川へ。

小倉城がちょっとだけ見えた。


ここから小倉駅前


西鉄バスの車窓から。

この付近はなにげに石灰岩の産地。


とっても小さな島。


ここからは北九州空港


なぜか、京急の券売機がポツンと・・・。たいてい東京モノレールも
あるんだが。と、京急の羽田空港駅って赤い電車はあんまり来ない気が
するんだけど。

ここは福岡県なんだけど・・・

まぁ、実家(一応、大分県)の近所のスーパーで福岡県産牛乳を売ってるのと
同じか。

(おまけ)
羽田空港からは京急バスでJR蒲田へ。橋の欄干が灯台。

091127 九州3” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    もうわくわくです。^±^ノ

    いいですねえ。ゼンリン。^±^
    住宅地図の雄ですね。^±^ノ

    うちも地図大好きなので。^±^

    昭和9年の鉄道地図ありますのでよろしかったらお楽しみくださいね。
    http://blog.goo.ne.jp/tekuhee/e/a8b782a667c9bf5e28175799f84688d0
    ここからお好きな場所へ。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    地図出版会社って実はかなりの数があって各社とも色々特徴のある地図を売ってますよね。その中でもゼンリンは住宅地図なので年間のべ28万人の調査員さんがアップデートする鮮度の高い地図が特徴です。
    本文には書かなかったけど、もともと大分の別府温泉の観光ガイドを作っていてその中の地図が好評だったことから地図会社になった経緯があるので、初めて行った街で困らないことを重視しているんでは無いかと思います。地図にあるお土産屋さんに行ったらマンションに変わってたとか、方角がわからない時の目印とかのために高頻度・高密度な地図を目指したら住宅地図になっちゃったみたいな。

コメントは受け付けていません。