091224 VRシアター

土偶展で日本が誇る土偶を見て、常設展(平常展)で埴輪の皆さんも見て・・・

休憩所で休憩。

表慶館の入り口に居るのは三越のライオンの親戚?の狛ライオンさん。

あ・うん なのか、au by KDDIと言っているのか・・・な訳ないか。

表慶館は、現在東洋館が工事中のためアジアギャラリーとして中東方面の仏像や
韓国・中国の展示品をちょっとだけ展示中。

さすがに仏像も外人さんチック。元は天然パーマだったのか?

建物の外壁には、工業や科学、芸術などを表した彫り物があって帝室博物館時代は
総合博物館を目指していたのかな?(ぺんちゃんの分類ではTNMは美術系博物館)

続いて、法隆寺宝物館へ

展示品に比べて天井が無駄に高い感じ。

前の噴水の池では小鳥さんが水浴びしてたりしてて、落ち着いた感じ。

で、今回のVRシアターの番組はこの法隆寺宝物館の1階と2階を結ぶ階段に
展示されている国宝「灌頂幡」(かんじょうばん)。展示では階段を昇りながら
下から、上から見るけど距離もあって細部までよく見えない。ぺんちゃんは亀さんとか
いるのかな?とか思いながら見たけど・・・。
で、VRシアターでは、拡大したり視点を変えたりできるのでハッキリ・くっきり。
ナビゲーターさんが話の進行を行うのでビデオ見たいな一方的に見聞きするだけでも
ないし、天女さんの優しい顔立ちとか蓮の花とかいろんなお話が登場。しかし、
都内ではココ印刷博物館しか見れる場所がないんだよね・・。
(全世界ではこちらの「VRシアターのご案内」)自動再生モードでは、国立科学博物館の
「ナスカ展」で見たけど凄く混んでたし、やっぱりナビゲーターさんが解説する方が
印象は強いかも。しかも、今回の場合は実際の展示物もあるので皆さん観た後
展示を見に行ってた。(ぺんちゃんも再度見に行った)


水飲み場で水を飲む小鳥さん。

TNMの回はこれで終了。