100129 つくば植物園1001−2

今月のつくば植物園の回も温室区間に突入!
温室の最初と言えば、毎月登場しているオヒルギからです。


オヒルギ〔ヒルギ科〕

今月は花と言うか種と言うか一つもない。その代わりに落下した種が見事に突き刺さって
いました。


グラマトフィルム・スペキオスム〔ラン科〕


正確には「世界最大の大きさになることがあるランの品種」と言う意味だと思われます。
それにしても木の幹から重さ2トンの蘭が生えてたら驚くだろうし、その木の凄く
馬鹿でかくって見えないんじゃないか・・・と思った。


カンデリア・カンデル〔ヒルギ科〕

水生植物温室はとっても小さいので名札も密集気味。たまに、ネジリッコで留めている
けど、なかなか良いアイデアだと思った。


ツノヤブコウジ〔ヤブコウジ科〕

ツノヤブコウジ〔ヤブコウジ科〕

先月も登場したけど、あまり変化が無いように感じる。


世界最大なのに複数あるって・・・・??


ファレノブシス属の交配種〔ラン科〕

写真だとわかりにくいけど、花は大きい。


アマゾンユリ〔ヒガンバナ科〕

花の数が一気に減って、この1株だけ咲いてた。来月からは登場しないかも。


タイリンヒメフヨウ〔アオイ科〕

こちらも、温室で旬って言うのもヘンだけど峠を越えた感じ。


クレロデンドルム・クアドリロクラレ〔クマツヅラ科〕

ピーンと伸びた雌しべ?が特徴的。


オオべニウチワ〔サトイモ科〕

普段の月ではボツになるか、そもそも写真を撮っていないこともあるけど
今月は白っぽくなっていなかったので登場。


ウラベニショウ〔クズウコン科〕

なんだか、今月の熱帯資源温室は「赤」の花が多い。


エウロフィエラ・レンプレリアナ〔ラン科〕

エウロフィエラ・レンプレリアナ〔ラン科〕

【↑この写真は「フォトパス」からダウンロードできます。】
確か去年も咲いてた「マダガスカルの女王」。


プロテア・キナロイデス〔ヤマモガシ科〕

こちらも、今月でラストっぽい。というか、刈り込まれてた・・。と言うのは

サバンナ温室は工事中。

あまりに茂ったものは刈り取られ、あちこちに穴があいてる状態。


クラッスラ・ポルツラケア・オブリクア〔ベンケイソウ科〕`花月`

名前が長くて損をしていると思う。

今日はここまで!
次も温室エリア。