100602 試用中(2)

前回の記事で、写真と動画が混在したお出かけの回をどうするか?で
「PaintShop Photo Pro X3」とCyberLink Media Suiteの「MediaShow 5」と言うソフトを
試して見てファイルサイズが50MBオーバーと5MB未満だったことを書いたいたけど
昨日さらに別のソフトも試してみた。
前回はどちらかというと写真寄りなソフトで、今回はビデオ寄りのソフト。
Corel社の「VideoStudio X3」(試用版)とCyberLink Media Suiteの「Director 8」
まず、Corel社の方から
あまりの遅さにインポートの途中で終了。そのままアンインストール。

Cyerlink社の方だけど、この手のソフトを使うと言うか、起動すること自体が初めての
ぺんちゃん。しかも、元々DVD見るソフトを買おうとして金額的に千円程度しか違わなかった
ので「何が」「どんな機能」かすらも不明の状態。最初のメニューで行うことを選ぶと
担当するソフトが起動してくる機能で呼び出したらいきなりDVDの種類を選ぶ画面で
(Power Producerって言うのが起動)、DVDは作らないので違う選択肢を選んで
Power Directorが起動されてきた。ぺんちゃん的にはDVDを見るソフト+機能制限付きお試し
ソフト(無期限)ぐらいの認識だけど、適当にボタンを押すとアップグレード版なら
こんなこともできますよ・・・みたいな画面が表示されたり1.5時間の中で悪戦苦闘。
まぁ、前提知識なし・マニュアル読む気ナシって言うのが悪いんだけどね。
で、前回は写真数枚と動画1つで50MBだったのでYouTubeへのアップロード機能を使って
アップロード。前回より使用した写真が大幅に増えてるので、「蔵」に置くと回線が
細いので・・・。

何となく、こっちの方がMediaShowより書き出し内容がキレイっぽい。

今、作っている分ではタイトル入れてみたり写真の切り替わり方法を変えてみたりを試してる。
設定が多く細かく指定すれば良いんだろうけど、お手軽さ重視で作ってる。
ぺんちゃんのPCは非力(Pentium4)なんだけど、Geforce入ってるから・・・と思っていたら
ONになってなかった。