070603銚子

水郷佐原水生植物園であやめ類を見て、鯉にエサをやって、お土産を買って佐原へ。(植物園も佐原ですが)
時間的に中途半端。じゃー、ついでに銚子まで行っちゃおう。と筑波からの移動に予想以上に時間が掛からなかったので調子こいてます。
佐原・銚子間は一本道&片側一車線。民家のない区間は流速が早く、途中待避できるところも少ないのでズーマーでは走りにくい道です。
銚子市に入った付近からトラックが目立ちはじめ、ペンちゃんの後ろもトラック。
千葉5号線なら、トラック側が急いでるからってライトで合図したりしますが(追い越す前にライトを上下)、この付近ではそう言う風習は
ないらしく観察では急いでいるようなんだけど・・・。と言うことで途中待避(後続車の通過待ち)。やっぱり急いでたみたい。
前の車にぴったり。おおー、強引に曲がって行っちゃった〜。その後、渋滞気味の銚子市内。渋滞の先頭車確認。側面確認。
ぺんちゃんにしては珍しく、車の左側をすり抜け。「側面通過します。」って声を出して進行してたら大型バイクのお兄ちゃんも避けてくれた。
銚子港到着。あー、例のトラックさんが居る。よほど急いでいるのか道路でないところを通り抜けしてるし、船がでるのかなぁ?
(フェリーと勘違いしてました。銚子からフェリーってないらしい。)
ぺんちゃんも、「測量の日」「あやめまつり」を観覧後なので、定番の「ポートタワー」で利根川の銚子河口を見たり、
犬吠埼で写真を撮ったりできません。車窓見学のみ(笑)です。もともと、計画になかったので下見のみ。
海沿いを通っていたら道が細くなり、小さな集落に。やばい、迷子だ。しかも15時になった。松戸を目指さねば。しかし、事前に地図を見てる
とか準備してないし勘が頼り。脳みそのマッピー君がここで曲がる!とか(たぶん適当)指示をだし外川駅近辺へ、地球が丸く見える丘とか
を通って銚子駅へ。15時半かぁ、松戸着は20時を越えたくないなぁ。と言うことで佐原を目指す。ぺんちゃんが信号停車してたら
後ろの車はレストランの駐車場をショートカットして追い抜いて行った。その後の車も追い抜いていったが、駐車場から道路に入る所で
接触したらしくお互い車を止めて・・・。「急がば回れ」ってこと?2台ともバツの悪そうな感じで目が合う。でも、信号停車してるだけなので
何もできない。佐原で休憩もせず栄町へ。
佐原で強引に追い抜かれた。その後、車線の関係で抜き返しとなってしまい、さらに抜かれる。ここからは、スーパー堤防に道路がある
ため流速が80キロ前後では?と言う区間。しかも、野田エリアの車も多いので「飛ばすけどマナーはGood」。ちゃーんと白線の外側に
行くと追い越してくれるし、白線の内側なら追い越さない。佐原で強引に抜いていった車は、もちろん野田ナンバーではない。
なので、タイミングを見てどんどん追い越してもらう。(佐原方面行きでは路肩が広いので、追い越しに関する負担は軽減される)
数少ない信号のある交差点でも抜いてもらう。常総大橋から先は白線と道路の間隔が狭いので、追い越してもらいにくいので
側道の狭いスペースに急ブレーキで入って抜いてもらう。長豊橋から先は渋滞しているハズなので、ぺんちゃんは別ルートで。
栄町に到着。コンビニで休憩。外にトイレや水道も完備しているので絶好の休憩ポイント。ソフトクリームを食べてると佐原で強引に抜いて
行った車が通過。不思議な顔をされる。猛スピードで抜いたし、その後も飛ばしていたし、一度も抜かれてないのにナゼ?みたいな。
次の目的地は松戸。国358の旧道経由で。明らかに後ろのトラックは急いでるので途中待避。おー、前にいたトラックにクラクション鳴らして
抜いて行っちゃったよー。でも次の信号でペンちゃんのスクーターも追いつくんだけど。追い越しても358合流時に差がでないってことだけど
この運転手さん信号タイミングを計算してないのかなぁ。ほら、追いついた。ちなみに新道経由より信号箇所の関係で若干早いハズ。
(*前日に何度か通って確認してる。)
木下街道を通り、この先通常ルートだと白井・船取・粟野・入道で渋滞だから・・・で、木下街道・国16へ短絡線を使い千葉280で自衛隊の
横の郷道を通って佐津間を直進で野田線踏切を越え入道(鎌ヶ谷市初富付近のミニストップ入道店まえ)と、めちゃくちゃ細かいルートを
通ることに。入道のミニストップも休憩に適した所なので、プリンパフェなどを食べて休憩。想定時刻より素晴らしく早着。18時半なのであった。
ここまで来れば、もう松戸はすぐ。(と言うか、すでに松戸市内を通過してるし)
無事に松戸ラドン到着。お風呂に入って排気ガス洗わなきゃ。