101008 南極・北極科学館(2)

今日は、比較的顕微鏡で見た写真が多い予定です。ただ、相変わらずチョットしか写ってない
ものが大半。

右側の接眼レンズにカメラを当てて・・・

デジカメ側でズームすると・・・

ちなみにこれは、南極に住んでいる生き物。理科の時間に見た気がするけど
日本にも普通にいるかもしれない。


ステンドグラスみたいだけど、石です。


白っぽい部分と黒っぽい部分のある石。

大陸から分離したと思ってたけど、衝突?ってことは南極にも火山があって温泉に
ペンギンさんが浸かって・・・みたいな光景が凄い昔にはあったんだろうか?
ザクロ石が分解って何度ぐらいか想像がつかない。


中央の細長いオレンジ色の部分はルビーだそうです。


さっきのザクロ石と似てるけど・・・

サフィリン+石英=グラニュライト?大陸の底って千度もあるんだ。


↑火星の隕石 ↓月の隕石

何で月や火星から隕石が来るんだろ?また、それらの星ってわかるんだろ? と
もしかして、月や火星に地球隕石があって実は太陽系内で隕石のやりとりが
行われているんだろうか?


北極と南極のオーロラは双子の兄弟って聞いたことがあるけど、確かに大まかには
似ている。


ペンギンさんの国、南極。氷が無くなると・・・

いくつかの大きな島になるようです。

触ったけど、特に感想はありません。普通の氷。


屋外に設置の自販機は缶80円。

海上保安庁では「うみまる君キーホルダー」を買ったけど、こちらでは南極の本を
買った。
日本極地研究振興会創設40周年記念 南極大陸(400円)(参考) は写真も豊富で
ペンちゃん的にはお勧め。へぇ〜連発。植物が生えるんだ!とか1200年前のアザラシの
ミイラとか見たことのない世界が広がってました。正直、館で紹介していない内容かも
あって入場無料だから良いけど入場料400円ならこの本を買う。
(入手できない場合がありますので、注意してください。)


南極ばっかりの記載になってしまった。北極についても展示がある(ちょっとだけ)
ので気になった人は行ってみてね。

帰り、立川駅行きのバス停は長蛇の列。ペンちゃんが見た限りでは30分待ちぐらい。
本数も少ないし・・・と言うことで反対側のバス停へ。予備知識ナシの大冒険。

くるりんバスに乗れば良かった。立川バスに乗っちゃったけど、途中で降車。
勘を頼りに歩いていると

ペンちゃんの脳みその地図をフル回転。勘だけが頼りなので。


玉川上水沿いをテクテクと歩く。

駅を発見!でも何線の何て言う駅だろ?状態。

武蔵って付いてるからJRかと思ったら

この作りは西武だな。

電車がすぐに来たけど、どう帰ろうかな?

京成・都営にもこういうお店がほしい。

所沢経由で帰ること決定。

社章(野球ボール)のデザインも中々だと思う。西鉄の旧マークも鉄道会社
っぽいデザインだけど、「西」ってデザインしやすい文字なのか。


所沢から乗った電車。うーん、でも秩父までなら特急に乗っちゃいそうだけど
このタイプの電車なら京急>西武>東武||JRかな。

これで一連の立川の回はおしまい。