101012 ノーベル賞・アホウドリ


今日は新聞が配達されてこない休刊日なので駅で買う。月極2100円なのに駅で100円
で買う=今月は2200円。でノーベル賞を獄中で取った中国人の方の紹介。
世界的にも権威のあるノーベル賞受賞者が刑務所に入っているって異常事態だと思う。
欲しくっても、そう簡単に獲れる賞じゃないし学者の皆さんの推薦後審査だから
お金でも買えない。日本だとノーベル賞を貰えば大騒ぎだし、幼稚園児くらいからでも
「はかせ」と呼ばれること間違いなし!なんだけど、刑務所の中。
だんだんと、ペンちゃん的には「北」と区別が付かなくなっていく。


尖閣諸島に住んでいるアホウドリは新種かもしれないけど、調査ができない。
しかも、シカの食害で生態系が壊れ絶滅かも・・・って、前から書いてるけど
トキの保護より絶滅しそうな生き物の保護の方が重要だと思う。動物から見れば
見えない国境線なんて意味ないし。特に伊豆諸島のアホウドリと尖閣諸島のアホウドリが
別種となると、それぞれ繁殖地が1カ所のみで絶滅度が高いと思うんだけどな。
しかも、伊豆の方は「アホウドリの祟り」(火山の噴火)で島民が死んだで経緯があるだけに
噴火や絶滅の前に手を打つためにも調査はしないとと、素人のぺんちゃんでも新聞読んで
思ったのに、環境省って環境ビジネスのための(国民から金をまきあげる)
利権省庁なのかしら?エコと言うよりエゴ。