101215 京急

昨日だけど、ぺんちゃんにしては珍しく横浜へ仕事でお出かけ。

そのため、朝の通勤時から・・・都営浅草線東銀座駅で出場の際に係員さんに都営区間は

「都営まるごときっぷ」で精算したいと言ったら、あちらの券売機でご購入ください・・・

で、券売機。どのボタンを押しても一日券の表示が出ず、隣の券売機も見たけど×で、再度

係員さんに「どのボタン押して良いかわからない」って言いに行くと、親切に券売機の前に

来てくれて・・・係員さんもわからなかったぽく、一番端の1台だけが発券できる券売機だった。

(都営と東京地下鉄の券売機が並んでて、ぺんちゃんの見たのは都営の改札寄りの2台)。

都電・都バス・都営地下鉄・日暮里舎人ライナーに有効な700円券だから、ちょっとの区間も

都バス利用(いつもなら「江戸バス」なんだけど)。

大江戸線大門(浜松町)駅で乗り換え。浅草線大門駅で快特三崎口行きがすぐに来た。

川崎・横浜方面へは京急を使うのは豪華な車両(腰掛けもふかふかで乗り心地も良い)と

早さ。なのに、ぺんちゃんの乗った快特は生麦付近でノロノロ運転。その後、狂ったように

速度をあげてJR横須賀線の電車を一瞬で追い抜き横浜駅へ。

帰りも京急なんだけど、沿線の方が言う「お銀」。初めて乗ったけど、あの腰掛けなら

京成の方がマシかも?と思えた。快特青砥行きなので京成線まで乗り換えナシ。でも、

加減速の際の揺れも大きいし(都営区間でも大きかったので運転手さんの腕は関係なさそう)

生麦付近ではJR京浜東北線に追い抜かれてしまう有様。京急の年末年始安全のポスターにも

「お銀」は登場していないので看板車両ではないと思うけど、今までの京急のイメージが

大きく変わる電車だった。京急油壺マリンパークに行くときは絶対に乗りたくない感じ。