070620足利→日光

拡大経路図

あしかがフラワーパークを出発して、最初の休憩地点「桐生」。

西桐生駅と大間々駅はコンビニやトイレ・駐車場などが完備し、道の駅より使い勝手が良いので好きです。


大間々駅を過ぎたところから、本格的な田舎エリアに突入します。


小平鍾乳洞に到着。食事をしたかったけど、まだ空いていませんでした。
鍾乳洞の中は夏でもヒンヤリ気持ちいいです。そして、公共交通機関で気軽に来れる点がGoodです。
時間的に足尾本山まで行けるため、行ってみることに。
いつも、立ち寄る貴船神社を見てからバックして国道へ。地元民では無いけど里道も駆使しております。

草木湖で休憩。ここは、バイクの皆さんがいつも大勢います。群馬・栃木ナンバーが多く、平均年齢が秩父エリアと比べて高い気がします。

そうり駅でも休憩。駅前に自販機があります。民家もあります。

わ鉄線の列車が離合するので、停車時間が長く写真を撮るのには便利かも?と思います。


銅親水公園(渡良瀬川源流地点)
前もここで写真を撮って記事を記載しているので省略。
ようやく、目的地に到着!通常ルートだと竜舞経由で来るんですが今回は足利経由。しかもフラワーパーク付きなので
すが時間的にはまだ午前中・・・。と言うことで折り返し。

どうしようかな〜。時間はたっぷりあるし。
と言うことで、日光経由で帰ることに。ただ、途中に2.5キロのトンネルや日光から先の区間の道路状況がつかめてないなど
多々問題がありますが・・・。

日光トンネルだと思ってたら、日足トンネルだって。今じゃ、どちらも日光市内なんだけど。
2キロを越えるトンネルをズーマーで通るのは初めて。
以前、水上の回で三国トンネルの手前まで行って引き返したこともある。(トンネルを抜けると新潟県)
長いトンネルだと途中待避できないし、排気ガスで臭いし、幽霊でそうだし・・・とさまざまな理由で通ってない。

交通量が少ないせいか、あまり臭くなく途中待避1回で通過。
ようやく旧日光市内エリアへ。
しかし、無計画なため道がわからない。去年、東武バスで通ったハズなんだけど・・・。
道なりに進んでようやく、見覚えのある地点へ。
バイク屋のETWASさんにお土産買わなきゃ。と言うことで

今回の記事は、ここまで。