110324 原発

東日本大震災と福島の原子力発電所の事故は関係ないと思っているぺんちゃん。
福島の原発事故は津波の想定があまりに低くて「想定外」と言うより「問題外」。
百年に一度の津波で無くっても事故は起きていたと思うし、Wikiで見たら国内の原発事故で
レベル2(発電所内での被曝)以上のものの半数は福島第一原発じゃないかと・・・。
で、専門家ではないけどWikiを読んだ感想としては
関西・四国・九州・北海道の原子力発電所(加圧水型)とそれ以外(沸騰水型)で設計思想が
違うように思った。加圧水型はコストが高く、メンテも大変で小さな事故が多発するけど
放射漏れのような大事故にはなりにくい感じ。沸騰水型はコストが安く、しくみも単純なので
小さな事故は少ないけど大事故になりやすい感じ。一般市民に影響するような事故が
東京電力に集中するのはコスト優先タイプを選んでおきながら隠蔽が社風だから?
20年以上立って事故を発表とか書いてるし・・・
で、最近は東京電力の国有化とか新聞に出てるけど発電部門と送電部門の分離を前提に
補助金抜きの廃炉後まで含めた本当の発電コストの算出とか配電ロスなどもっと基盤から
議論するべきだと思ってる。何だか今の流れだと、東京電力は責任を果たさず負担は国民へ
って感じている。すでに、今回の事故に伴う死者も出ているし(計画停電による死者)
見事に「行き当たりばったり」状態。
今日の下請け作業員さんの被曝も、「緊急作業時の被曝限度」以下で健康被害は発生しない
って言っていたのに救急搬出されてるし、Wikiを見る限りでは建屋の爆発の時点で放射能の
拡散が仕組み上発生するらしいのに安全だと・・・。
「想定外」=そもそも都合の良い(甘い)想定で科学的な裏付けは無い
「ただちに健康被害にならない」=徐々に健康をむしばんでいく
っていう具合にお役所言葉を変換!
これじゃ、政府発表の信頼度は低いし外国からも正確な情報出せ!って言われる訳だ。

お魚に関しては、海水で薄まるとか言っている人は、最初から信用できない。
(水俣病の時も、こういう話をして被害を拡大させた大学教授がいるけど責任はとっていない
し、公害発生元企業との裁判は続いて後遺症に苦しむ一般人がいる(該当回))
で、ニュースとかでは見ないけどシーラカンスで有名な「アクアマリンふくしま」が被災し
展示のお魚達が全滅の模様。ゴールデンウィークの旅行は福島(会津)を予定していた
該当回)だけに気になる。

野菜類の風評被害も新聞とかに出てるけど、まだ、その段階では無いと思う。
物流が正常じゃないし、福島に関しては「風評」ではなく「実際」だと思うし、それらを
含め原発関連のお金をもらっていただろうから(しかも、原発は地元の誘致)
福島以外の地区なら「風評被害」と言えると思う。江戸川の水も汚染され昨日は金町浄水場
(東京都水道局)、今日は栗山浄水場(千葉県水道局)で放射能検出だけど
「江戸川水系」江戸川って書いてる新聞社があって、そこの部分で吹いちゃった。
正しくは「利根川水系」江戸川だし記事を読むと支川と派川を間違ってたり、「利根川の
支流の荒川水系」とか・・・。(こちら)確かに、利根川と荒川は埼玉県内で用水路で
つながっていて、利根川の水が荒川に流れるけど(該当回)間違いが多すぎて・・・
栗山浄水場って、近所すぎ。雪が降った時の回で登場する給水塔がある所です。
(雪が降ってない回の該当回

計画停電(実際は無計画停電に近い)に実は当たった事がない。日中は会社に行ってるから
気がつかないだけかもしれないけど。朝の電車の運転本数削減は節電でもないし、意味が
無いと思っている。供給力と需要が切迫してる場合は運転本数削減して停電回避って言う
のはわかるけど、朝ラッシュの時間帯って供給力がまだ多い時間帯なので、平日ダイヤで
通常運行しても良いと思うんだけど。計画停電によるダイヤ乱れで乗る路線が変わった
場合、東京電力は補償してくれるんだろうか?(会社によっては臨時通勤費として会社支給
される)