110425 かはく

東京国立博物館に入ろうかなぁ〜と切符売り場前で迷ったけど
昨日の分に書いたけどシアターがやってないので結局、切符売り場前で引き返す。
で、次に向かったのは国立科学博物館年間パス(1000円)を持っているので休憩でも
使ってたりする。

こちらも「パンダ」。上野は「パンダの街」として駅にも商店街にもパンダだらけ。
該当回

標本って・・・剥製と骨格標本だった。他にも、キリン・象なども。

上野動物園(都立)は、もともと今の東京国立博物館から分離だし国立科学博物館とは
途中の経路は違うけど東京国立博物館の天産部を引き継いでいることもあり親戚みたいな
もの?

続いて宝石サンゴ展。こちらは撮影禁止。愛媛や千葉などでもサンゴは住んでいるけど
宝石サンゴと呼ばれるものにスポットを当てた展示。絵本の竜宮城の横とかに描かれている
サンゴと同じ感じ。と言うことで、常設展示からサンゴを。


↑地球館1階 系統広場から


日本館4階 日本の海の生き物 から
ほぼ、どこに何があるか知っているって・・・そんなに来てるってこと?


普段は人気のないコーナーですが・・・全国の地震の状態(Hii-Netのデータ)と
火山弾。地震が多いと言うか、すでにウンザリ。


フタバスズキリュウ。福島県いわき市出身です。

何だか、亀さんみたい・・・恐竜だけど。


続いて、研究員の方々が解説してくれるミュージアムトークへ。
タイトルは「星屑の島々の魚たち」ですが、内容は魚より「おっさん」の方が多く登場し
自慢話だけだったのに、成果は無かった模様。税金の無駄。
調査地に関する歴史認識すら違う・・・。
「パラオが大戦中に日本軍によって占領された」とか言ってた。他の観覧者もあきれ気味。
(ちなみに、動物研究部の部長でフグが専門)
サブタイトルは「北緯7度の旅」だけど地図には赤道すら表示がないし、観覧者に対して
失礼。

続いて今、話題の・・・


セシウムって水銀みたいな色。となりはバリウム。ストロベリー味ないの?
バナナ味ないの?と毎回検査の人に言ってるけど・・・。

さすがに「ウラン」は模型展示もなかった。

53番のヨウ素は「イソジン」の色。と言うか、イソジン。