121028 紅葉ツアー(1)

今日はホテルからau回線で写真のアップロードと記事の作成。
今まではUQWiMAXだったけと、圏外なので携帯回線。意外と早かったけど使いすぎの速度規制が来てもほとんど使ってない回線だし・・・(タブレットを買ったときにお勧めされた回線セットなのでWiMax+auの両用とルーターのセット)。

今回、参加しているツアーは、
大型バスでは行けない!信越5大紅葉秘境巡り~秋山郷・松川渓谷・奥只見遊覧船・清津峡~2日間(コース番号:27770)
一日が終わったけど、「超ハズレ」過ぎてぺんちゃんがグジグジ言い出すレベル。他の参加者は人前では言わないけど食事やお風呂の時に言ってて、中には「よく言ってくれた!」と言い出す人も出る始末。来年の紅葉ツアーは2年連続でクラブツーリズムは「ハズレ」だったので阪急にしよっと。

それでは、紅葉ツアー一日目スタート!
DSCF3303.JPG
東京駅日本橋口に8:25に集合なので、いつもの通勤電車と同じ電車に乗って東京駅へ。たくさんのツアーの受付をしているけど、ぺんちゃんは黄色の服を着たクラブツーリズムの案内係さんへ直行。受付場所を案内してもらい、「旅のしおり」を見せて受付。
しかし、乗車前になって同姓の人と取り違えていた事が判明。よく名前を確認しなかったのね・・・。
DSCF3306.JPG
新幹線は新潟・越後湯沢行きなので連結してたけどMAXの一階席に乗るのって数年ぶり。越後湯沢までの各駅に停車する列車だったのでノンビリ・・・と思いきやトイレ渋滞が発生してて割とウルサイ車内。まぁ。1階だから景色は見えないし、することないからヒマなんだけどね。
DSCF3313.JPG
越後湯沢駅の改札で有人ゲートでおばちゃんが何やら手間取っている関係で団体3件が出場待ち。バスに乗り換えて出発。ナゼか2号車のぺんちゃん達が先発。1号車のお客さんを待ってたらしいけど・・・。
DSCF3355.JPG
途中でマイクロバスに乗り換えて、最初の観光地「清津峡」に到着。
トンネルは有料オプションで2号車は全員申込みをしていたのに、ぺんちゃんともう一人の分の切符が無いことが判明。どうも、ツアー参加者以外に2人分切符を渡したらしい。
DSCF3320.JPG
ダイナミックな景観。
DSCF3332.JPG
DSCF3350.JPG
みごとな柱状節理。ぺんちゃんのイメージだと柱状節理って日本海の海岸とか海に関連する場所って感じだけど、山の中でこんなに凄い・・・もしかして、昔は海だった?
※原理的には海とは関係ありません。あくまでも、個人のイメージです。
しかし、見学時間が短く途中で引き返す人や、かなり急ぎ足の人。集合時間・場所の指定が不十分すぎて時間を守った人は何も無いバスの中で数十分待機状態。(これらの方々は途中で引き返したらしく「おもしろくない」とのご感想をお風呂で言ってました。)
この異常な早さでの見学はクラブツーリズムだけなので、他の団体を追い越しまくってトンネル内を歩いてました。体力に自信のある人向けツアーじゃないんだけどね。
DSCF3367.JPG

続いて車内でお弁当を食べて長いトンネルを通って奥只見湖へ。
清津峡を出発時点では遊覧船が欠航なので返金になるかも?と言いながら到着寺には何もアナウンスなし。しかも、ここでも短い見学時間。ぺんちゃんの最大のお楽しみだったのに欠航とは残念。で周りを散策。
DSCF3396.JPG
ここは水力発電所(Jパワー)のダム湖なので発電所の部品なのかな?
DSCF3399.JPG
ケーブルカー(100円)もあるけど、徒歩でダム上まで。
DSCF3401.JPG
DSCF3405.JPG
紅葉は凄くいい時期だったけど、ちょっと晴れていたらなぁ・・・
DSCF3413.JPG
大きな遊覧船は1艘のみで他に小型が3艘。
DSCF3415.JPG
水位が低い状態だけど季節性なのかもしれない。
DSCF3421.JPG
色とりどりの紅葉。
さて、そろそろ降りて土産物屋さんでも覗こう・・・。
で降りていくと、遊覧船に乗れるので上がってくださいとのこと。しかし、ケーブルで降りている人も居れば途中まで降りている人もいる状態。で、船のりばへ。
DSCF3434.JPG
阪急のツアーの人はどんどん乗っているけど、ぺんちゃん達は20分以上立ったまま乗車待ちで最終的には「乗れません。」ってことに。さらにバスに戻るとトイレだけでスグに出発と言いながらバスの中で1時間以上も待機。これじゃ、遊覧に乗った方が良かった。
と言うか、土産物屋で買い物とかさせて欲しいのでTDさんに言ったけど渋っていた。(その後10分間だけ土産物タイムになったけど十分過ぎてもバスは発車しない。)

バスの中で待機するのが目的では無くって、観光することが目的なんだけどな。
しかも、今回は阪急系と近鉄系で同じ乗り物で明らかに対応が違ったし添乗員(TD)さんの力量不足なのか調整力不足なのか、観光地ではバス待機で観光はおろそかだったのでホテル到着は相変わらず早い。4時間も5時間もお風呂に入るんだろうか?