生の火星を見たい

18時雲一つもない快晴。会社を速攻ででる。
19時松戸でも星がみえる。
Giemonと火星セットを持って出発!
20時流山市付近で雷っぽい気配を感じる。
21時野田市で天候判断
21時半いつも星を見ているポイント着。
すごく曇っている。最近、こういうパターンが多く Giemon+火星セットのご対面ができていない。
ご想像の通り、火星セットは火星大接近を記念し(新聞記事につられただけ)購入した天体望遠鏡。
どれが火星か??なのでカセイを選んでGOを押すと火星が見られるもの。
しかし、そういうレベルなのでセッティングの際に指定される星がどれだか不明で元天文部員の会社の人に電話して聞いてたのであった。
これを解消すべく「ステラナビゲーター」を導入し知識を補完しようと言うもくろみ。
今までは、いい加減な方向感覚で調整してたので望遠鏡が勝手に動いた後にかなり微調整で土星(輪っかが目印)とか木星(衛星が目印)を見てたけど、火星は自信がなかった。
一応「火星観望セット」なのに・・。お店に火星ってどれ?って聞くわけにもいかず。