070916尾瀬(その2)

会津高原尾瀬口から快速に乗って竜王峡へ。



しかし、快速は通過。乗降客の居ない駅のもこまめに停車してたのに・・・。(停車駅の案内をしようよ!)

新藤原からバック。「竜王峡の駅員さんに快速乗ったら通過しちゃったから、新藤原からバックしてきちゃった。」と事情を説明。



わざわざバックしてもやってきた竜王峡には何があるのか?

虹見の滝!です。え〜尾瀬の知識があんなにいい加減なのに、何で知っているか?

では、滝です。











え〜、下に流れている川は利根川水系鬼怒川です。

ホームから滝の上流部が見られます。



竜王峡駅は、トンネルとトンネルの隙間にあるような感じでホームの一部がトンネル内にあります。トンネルの中にトンネルが。





で、次は



鬼怒川温泉駅。「この駅で約20分停車します。」とか普通に言ってた。時間感覚が・・・。

さすがに鬼も怒ります。









鬼がいたるところにいます。

鬼怒川温泉のアトラクションと言えば、これ。



しかし、増水のため当面運休とのことでした。あまり水かさは増えていないのに・・・。

たぶん、運休の理由はコレだと思います。乗り場から最初の橋付近。



思いっきり泥水がダムから流入中。観光客が見てはいけない光景。

今日はたくさん歩いて疲れたから東武ダイャルバスで駅へバック。



一日6本ですか。

駅の中をウロウロ・・・うにゅ?どこかで見たキャラがいる。



(ぺんちゃんが置いたものではありません。)

ようやく、あとは帰るだけ。





スペーシアに乗ったものの後ろの人が座席を蹴りまくりでちっとも快適ではなかった。どうやら歩きすぎて足が痛いようだけど

やっぱり東武線で山系の方々はマナーがない。(西武みたいに山系人々の教育をしてないしな。)