130820河口湖(2) 鳴沢氷穴・富岳風穴

河口湖駅から路線バスに乗って氷穴・風穴へ。
DSCF1954.JPG DSCF1955.JPG
氷穴でバスを降りて、鳴沢氷穴へ。駐車場待ちの車が並んでいて混雑している模様。
切符売り場でバンフに書いてた共通券を買おうとしたら、今は売ってないとのことで
割引券を使って入場。金額的には同じになる。
DSCF1956.JPG DSCF1959.JPG DSCF1960.JPG DSCF1965.JPG DSCF1966.JPG DSCF1967.JPG DSCF1968.JPG DSCF1969.JPG DSCF1970.JPG DSCF1971.JPG DSCF1972.JPG改札から洞窟まで長蛇の列で、40分待ち。その間に説明板をじっくり読む。
このあたりも昔は「せのうみ」で琵琶湖並みの大きさ!すごい。で、噴火でうまって天然の埋立地の誕生。こうして観光資源ができているから富士山噴火も良い面と悪い面があるのか。
DSCF1976.JPG DSCF1979.JPG DSCF1981.JPG DSCF1982.JPG DSCF1983.JPG DSCF1984.JPG
割と急勾配で穴の中へ。途中から気温が一気に下がる。
DSCF1993.JPG DSCF1999.JPG DSCF2010.JPG DSCF2011.JPG
ゴツゴツした岩場を通って行く。
DSCF2013.JPG DSCF2018.JPG DSCF2019.JPG
途中から撮影禁止。実はココは人工的に氷を置いているだけで観光地化が進みすぎて
天然の氷にはならない模様。まぁ、大量の人間が熱をもって坑内に入るので仕方ない。
なので、入口付近に書いていた「ツルツル」も何もない。あくまでもイメージを体験と言うことで。
次は風穴。バスの時間が合わずに歩いて移動。
DSCF2022.JPG DSCF2024.JPG DSCF2025.JPG
融雪区間って、冬は結構積もるんだろうな・・・。
DSCF2028.JPG
富岳風穴に到着。実は、ココには以前来たことがある。(該当回
切符を買って入場。こちらは渋滞なし。
DSCF2032.JPG DSCF2033.JPG DSCF2034.JPG DSCF2035.JPG DSCF2037.JPG DSCF2039.JPG DSCF2040.JPG DSCF2041.JPG DSCF2042.JPG
樹海の中って、ゴツゴツした岩の上に木の根があって歩きにくそう。しかも、結構アップダウンの繰り返し。溶岩が流れた跡だから、もっと水平かと思ってた。
DSCF2043.JPG DSCF2046.JPG DSCF2050.JPG DSCF2053.JPG DSCF2054.JPG DSCF2055.JPG DSCF2065.JPG
こちらにも坑内に氷があって氷穴とあまり変わらないけど渋滞もなく快適。所々に溶岩がそのまま固まったような感じの所や天井から滴が固まったような所があり見応えもある。
地上に出て・・・。
DSCF2067.JPG DSCF2068.JPG DSCF2069.JPG DSCF2070.JPG
またまた、バスの時間が合わず徒歩で移動。一時間に一本じゃ~ね。しかも満員で乗れない可能性もあってボッタクリ富士急グループって感じだした。まぁ、観光地はどこも同じような感じだけど。(西日本だと利用客のクレームが凄くて改善されていくか観光地間競争に敗れて衰退するかだけど、東日本だとクレームをつけないし客がある程度くるからやっていけるんだろうな。)

今日はここまで。