071021日本科学未来館

葛西臨海水族園からズーマーで移動。次に来たのは「日本科学未来館」。
ちなみに竹橋(北の丸公園)にあるのは、科学技術館。上野にあるのは、科学博物館
3館とも行ったことがありますが、小中学生向けが科学技術館。
高校(理系)から一般(理系)向けが未来館。万人向けが科学博物館のような感じです。


↑一番奥のもっとも入り口に遠いところが二輪車置き場。手前が納入業者用スペースと言う観覧者より納入業者を優先させる姿勢が徹底されているのが未来館とも言えます。(日曜日の開館時間中に納入業者が来るんでしょうか?それとも開館時間中に展示変えをするほど高頻度に展示が更新されているんでしょうか?)きっと、自分たちの都合だけを優先させる「御用学者」が今以上に幅を利かせるという未来を感じさせてくれます。
*あまり良く書かないのは警備員さんや総合受付のお姉さんの口調を含め非常に良くないためです。
全国の園館を行ってますが、ちょっとココは問題外施設と思った。


休日には急行バスも発着します。


さぁ、それでは展示替えを含め見てみましょう。・・・・・変わってないかも。いつまで工事する気なんだ?


シンボル展示の地球儀。工事の影響で展示が少ないかも。


各フロアにQRコードで開閉する自動改札機。(結構、スイカの感覚で皆さん通ろうとするので開かずに戸惑う)

(うわーっ、きびしい・・・)


データー通信を「見える化」した装置。2進数を白と黒の玉で表現してたりして工夫している。


宇宙居住棟の実物大模型。ボランティアの人に質問する。
ぺ)宇宙に行ってる人らは椅子に座ってくつろいだりしないの?
ボ)無重力で浮いてますから、椅子に座ることはありません。体も浮いてますから。
ぺ)この部屋の中でも浮かんでるの?
ボ)そうです。
  これがシャワールームです。
ぺ)へぇ、水も浮いちゃわないの?
ボ)水の勢いでシャワーを浴びますが、最終的には浮いてしまいます。
  こちらがトイレです。
ぺ)・・・・
ボ)この管で吸い取ります。
と、お互い他の観覧者を意識しながら展示解説。見ただけじゃわかんない。
きっかけができたのか、他の観覧者も質問したり違う場所を解説したり・・・。
でトイレ↓

ウォシュレット(ByTOTO)でなきゃイヤ!とかと次元が違います。

続いて


じぃーっと見てたらボランティアさんが言い寄ってきました。
ボ)この水槽では外から何もしなくても魚が住めるようになっています。
  珊瑚が水をキレイにしてくれてます。
ぺ)じゃー、東京湾に珊瑚をいっぱい植えれば良いのに。(サンゴは動物なのでおかしな表現ですが)
ボ)沖縄とか暖かい海でないとサンゴは生きていけないんで東京湾では無理です。
ぺ)温暖化で東京湾が暖かくなればいいかも?
ボ)違う問題が発生します。
いやーさっきの居住棟と違って、まったくチグハグな会話。温暖化って何かメリットがあるのかなぁ?と興味が
移ってしまった。デメリットがあればメリットもあって良いような気もするし。


「ちきゅう」の模型だ。これは、横須賀で一般公開の時に見たし係の人から説明もあったのでぺんちゃんも知ってる。

と、言うことで次は船の科学館です。