08050清水公園

昨日は、10km以上歩いた反動か全身筋肉痛。ついでに転んだ時にできた擦り傷が・・・
と言っても午後にはダイエーに服を買いに行きゲーム屋さんでマリオのゲーム、笑顔の湯でお風呂入って
とまるで、雨の日の休日みたいな行動パターン。しかし、ここのゲーム屋さん、おケチなハズなのに
約2000枚もメダルを預けるなんて・・・。

今日は晴天なので、どこかに行こう!と行った先は清水公園。ぺんちゃんにしては短距離なお出かけ。
動物園とか混雑してるだろうからと言うことで・・・清水公園も駐車場は混んでたけど、ぺんちゃんが
いつもズーマーを置く所は予想外に空いてた。
ツツジでも見ながらと思って行ったのですが、イベントに遭遇。
諏訪流鷹匠の皆さんの放鷹術実演で、大勢の方が拍手を送ってました。

鷹匠の方々が挨拶している間、鷹は落ち着いてました。小さな人間の子供より(比べるのもオカシイが)おりこうさん。
初めは地面に置いたエサを取ったり、鷹匠の方々の腕から腕へ飛行したりと同時に諏訪流の理事長さんの
解説で習性とかの披露。
続いて、森に鷹を放し鷹を呼び戻す実演。しかし、清水公園の森が気に入ったのか観客の多さに驚いたのか
戻ってこず。木にとまって様子を覗っている。
次は、放したハトを空中で捕まえる術。

みごと成功。観客から拍手。鷹匠さんがやってくるまでハトをキープしている。
鷹の飛び方の解説の為に、ミミズクさんが登場。

タカさんよりミミズクさんの方がぺんちゃんは好きかも。
(ハトは、かなり嫌い)

飛ぶのが早くて、飛んでる写真はこれだけ。(この他はビデオモードで撮っている)
この他、一般参加(見学中の子供)の方による鷹匠体験や記念写真撮ったりと
参加無料(公園も入園無料)なのに盛りだくさんの内容でした。

ミミズクさん。体重は1.5kgぐらいって言ってたけど見た目は大きい。

女性の鷹匠さんもいました。

解説では鷹は結構神経質って言ってたけど・・・お父さんの腕の上が一番安心なのか
観客がそばに居るのにオヤツ食べたりしてた。

現在高校生の未来の鷹匠さんも参加。(鷹匠認定試験に合格しないと鷹匠と呼べないらしく解説では
門下生と言っていた。)
詳しい知識がぺんちゃんには無いので不明ですが、こんなに優秀なんだからハト・カラス対策に
ならないのかしら?