逆切れされた

会社で電話を取ってたら勧誘電話の多いこと・・・。
1)ペンちゃんは、やさしく「その人は10年くらい前に辞めましたが、名簿がふるいんじゃないですか?」と言うと「データーです」だって。このマンション経営勧誘会社週に2回くらいかかるのですがね。
2)珍しく先物屋さんから。社名を妙に短縮して言ってるので、「業務停止処分を受けた会社だよね!」と確認すると、明るく「そうです!」業務停止は電話勧誘がくどいので受けたと思ってたんだけど。しかも、先物屋さん自主ルールで電話勧誘しないのではなかったけ・・・と思いつつ、電話を切る。
3)マンション経営勧誘会社から、「電話での勧誘は特定商取引法に触れますが」って説明してあげたら無言で電話を切った。
4)マンション経営勧誘会社からで、用件を聞くが答えない。「用件をおっしゃっていただかないと困ります」って言ったら「困りますってなんですか!!」て言ってきたので「御社からの電話はかなり多くて」って言いかけた途中で電話を切られた。
ちなみにこの会社、会社名を偽装して電話してくる会社で国土交通省の免許番号が(1)なんです。マンション勧誘する前に、まともな人を募集した方がいいかと。

電話に出て、2秒くらいで勧誘電話かどうか判断しているのでこの4)の逆切れお姉さんが別の会社に就職しても電話を取り次いでもらえない確率大。
実際、本当のお客様でも勧誘口調の方は誤ブロックしていることがあるし。
(該当する場合は、お客様側が担当を替えざるを得ないみたいで他社でもブロックされてるらしい。)

ちなみに用件で「営業のご挨拶」=勧誘
折り返しを嫌がる、早口>勧誘の可能性大
何本かとってると「勧誘口調」がわかる(まわりウルサイし)。
丁寧な対応を頂きありがとうございます。名前を教えてください。→教えると勧誘の標的になるので教えない。あくまでも「電話受付係」。

耐震偽装やってるかもしれないご時世だけにマンション経営勧誘会社は苦しいんでしょうね。社名コロコロ変わるし、この人「先月まで別の会社に居た人だ」なんてあるしね。(一度ついた勧誘口調は消えない。)

===今回は、趣を変えて「会社での話題」を記載しました。===