Just Suite届いた。

ようやく、JustSuiteが届いた。
箱の中には先日届いた「Quoカード」が同梱されていたので、前回のは
「プレミアム辞書・辞典パック」分で届いたと思う。そう考えると、すごく
タイトなスケジュールだったのかと。
どこかのソフトみたいに「導入するにはSP1が必要です。」みたいな感じて
パッケージを買っても意味がないに近い方法を取らなかったのは、やっぱり
良かったと思う。
ペンちゃん的には「ライセンスにうるさいソフトほど、できが悪い」と思っている
のですが、(例:『何十ケタかを電話で言って、さらに何十ケタか入力するソフト』や『強制的にインターネットにつないでしまうソフト』)今回、まじめに
読んだらジャストシステムは、さらに太っ腹になっていた。
*ライセンスにウルサイくらい品質にもうるさくなって欲しい。ライセンス登録したってパッチのお知らせが来るわけでもなく(ジャストはメールで来ます)、バージョンアップ料金が若干安い程度で(そのかわり、バージョンアップのDM・メールは来ます。)メリットが感じられない。

JustSuiteで残念だったのは、セットアップで個別に選ぶと何度もシリアル番号を
入力する必要があること。一発セットアップで、導入するソフトが選べたらいいのに。
JustPDF Creatorが入っていると正常に一発セットアップが終わらないこと。
Shurikenが入っているとメールはそのままで導入されたので、これは良かった。
(ライセンス番号は書き換わってたけど)

一太郎・ATOKは体験版があったので、削除・再起動してから導入した。
今度のATOKは、「お」だけで「おつかれさまです」とかが候補の上に来てて
スゴイ。学習力が今までと違う印象を持った。