081116戸定邸

今日も天気がハッキリしない・・・。雨ならザーと降って晴れて欲しいが
降ったり止んだりで、ちょっとお出かけ日和には遠い。
で、今日は戸定邸。松戸駅から徒歩圏内です。
上野から電車で松戸駅に着く手前に右側がちょっと林になっている所
(車だと6号のトンネルがあるところ)にあります。

公園部分は無料。資料館と家の見学が有料です。

門をくぐって見学開始。

松戸でも一部紅葉が始まっています。ベッドタウンな割には
自然が多い松戸ですが、駅から徒歩10分(カタログ値)とは
思えません。電車の音が少々うるさいですが。

資料館に最初に行きました。(館内は撮影禁止)


向日葵のような菊。
って資料館で花ばっか見ていたのではありません。
ここに、水戸藩最後の藩主の徳川昭武さんが住んでいたそうです。
なんで水戸じゃないのか?とも思いますが。資料館の展示品では
パリ万国博覧会に行った様子やその際スイスからもらった時計とか
趣味が写真撮影だったので、彼が撮った写真や自転車で墨田まで行った
記録などがありました。水戸藩主のイメージからちょっと離れて明治を
生きた徳川さんと言う感じ。(印籠もあったけど、水戸黄門で出てくるような
図柄ではなかった。)

続いて、住んでいた家の見学。(共通券240円)

隙あらば「菊」。部屋の中にも「菊」。

倉の中には

やはり、葵の御紋がシンボルマークなのであちこちに。


徹底的に「菊」のようです。こんなにあったら、お手入れが大変そう。
と言うが、「梅」の季節はどうなっているか興味津々です。


部屋が多いけど、ぺんちゃんの大きさだとちょっと窮屈。

こちらは、便所。小さい畳で半畳ほど。

こちらは、お風呂。今と比べて狭いけど深さはあります。


*このお風呂は明治ではなく、昭和初期のものではないか?と言われています。

使者の間から見た様子。
(こちらは松雲庵)

(本邸)

(庭)


戸定邸を出て、さらに進んでみます。
うーん、割と松戸ではこういう光景を見ることがある。


広場でした。やはり、と言うか水戸藩なので梅が植えられています。


現在は宴会場になっている?「松雲亭」


さて、帰ろう。