081127つくば植物園(2)

朝は二日酔いと言うか頭が停止しているというか
PASMO定期を持っているのに、Suicaで電車に乗ってしまった。

では、今月の植物園の続き・・・

サルトリイバラ〔ユリ科〕

何だかスゴイ名前。猿を捕る茨?しかも、ユリ科ってもスゴイ。
どうみても、蔓みたいに伸びててユリの仲間ではなさげ。
右側の検索窓で検索してみるといいかも。


ゴンズイ〔ミツバウツギ科〕

ほぼ、ぺんちゃんの月次観察木になっているゴンズイ。
そろそろシーズンが終わりそう。


シャシャンボ〔ツツジ科〕

何だか・・・???な名前。名札には確かにこう書かれていた。


ムラサキシキブ〔クマツヅラ科〕

別に、おもしろい名前順で並んでいる訳ではありませんからね。
(本当は、見学順になってます。)
もうちょっと実が多いとキレイなんでしょうけど、ヤブムラサキの方が
紫色が目立つ。


ハウチワカエデ〔カエデ科〕

イメージ的には天狗さんが持っている葉っぱな感じがするけど。


アオハダ〔モチノキ科〕

赤でも黄色でも無い、緑色の元が抜けたと言うか不思議な色。
しかも、根元から分岐が激しいので凄く目立つ。


ヤブムラサキ〔クマツヅラ科〕

上の写真にも紫色の実が写ってるけど、わかるかな?
ヤブと言うかゴミゴミしてる所なので難しいかも。


パフィオペディルム・サンデリアヌム〔ラン科〕

世界で一番長いだそうですが、ヒモにしか見えません。


上野の本館では「菌類のふしぎ」でキノコを大量に展示していますが
こちらは、そのキノコを食べるラン。ランって種類も多いけど個性的な
ものも多いかも。しかし、写真を撮っていてもこのブログに登場することは
少ない。(名札がネックになっているため。日本語表記がなかったり、科名が
なかったりなので登場率が低い)


オオミノトケイソウ〔トケイソウ科〕

これは食べられるのか?結構大きな実だけど中身は何色なんだろ?
凄く興味津々・・

あと、ちょっとだけど今日はここまで。