090117松戸

携帯から書いたけど、今日はタイヤ・オイル・プラグの交換。
交換している間はヒマなのでいつもはご飯を食べに行くけど、今回は
それより時間がjかかるとのことで、テクテクと松戸駅までお散歩。
前から「何の橋だろ?」と気になってた橋をみたり・・・

水道か何かと思ってましたが、どうやら「電話の橋」みたいです。
でも、川幅は広くなく普通に電柱から川を越えて電線・電話線は
通ってるんだけど。

この橋ですが、△屋根付き。(橋の下に流れる川は坂川)
松戸の本屋さんで「イラスト・ながれやま物語」と言う本を購入。
同じシリーズにぺんちゃんの住んでいる「イラスト・まつど物語」って言う本も
棚にあったけど、ナゼか流山。
坂川の話とか利根運河の話・流鉄や常磐線の話などが書かれていた。
流山がメインだけど、ぺんちゃんがバスで松戸駅に行くエリアの事も結構書かれて
いて、坂川延長工事で殺人事件が起きていたり(矢切)、農民の皆さんが
立てこもりしてたり(小山)、妙に分岐や曲がる坂川のドラマが・・・。
利根運河とかも、今まで知らなかった地元視線での記載で他の本を読んでも
何で?と思ってた事がちょっと解決。でも、「何で?」と思った本も「解決」の本も
どっちも崙書房なんだけど。ちなみに、
松戸では逆川(さかがわ)・流山では坂川(さかがわ)と書かれることが多々ある
けど理由は・・・こちら
ちなみにぺんちゃんは、逆川は流れが江戸川と逆の時があるからと思ってました。
淀みやすくちょっとクサイし。「川の底、見える 坂川 ぼくの夢」
(By松戸市在住のカッパさん)って看板に書かれてるぐらい汚れてるし。
標高4メートルの松戸では坂を下るように流れるように願いを込めて坂川
・・・ちょっと無理がある気がする。
ズーマーの交換が終わってる頃なので、テクテクとお店へ。
交換は終わってた?と言うか、後ろタイヤの不良で前だけ交換済み。
また来週交換に行くことに・・・。面倒クサイから前後のタイヤ+エンジンオイル
+プラグで24600円払って今日はおしまい。