090205 Google Earthでみる地球の歴史

前回の「破局噴火」と一緒に購入した「Google Earthでみる地球の歴史」。
(破局噴火の回は、





Google Earthでみる地球の歴史 (岩波科学ライブラリー)
後藤 和久
岩波書店

このアイテムの詳細を見る


正直言って「つまんなかった」。右側のページが説明で左側がGoogleEarthの画像
と経緯度と言うスタイルで、3章に分かれて紹介されていた。
1.自然を見る 24カ所
2.災害を見る 9カ所
3.地球史を見る 7カ所
日本国内では、「1.自然を見る」で沖ノ鳥島が出てくるけど説明は「沈みゆく珊瑚礁」と
数行あって、後は位置とか行政区分、国家的に重要とか「地球の歴史」とは
あまり関係ないことが並ぶ。「2.災害を見る」では、日本は2カ所登場し
三陸大津波で宮古市の画像。説明は防波堤の高さが津波の恐ろしを・・・。で、
もう一カ所は、富士山宝永火口。説明は「諸行無常」の言葉の意味を・・・で
結ばれている。タイトルとは裏腹に景勝地を集めたついでに数行それらしい説明が
付いている感じで、知ってる所がほとんど。せめて時間軸を強調すればいいのに。
(と、言っても説明で○万年前の〜と書かれている項目も少ないので無理)
写真も小さいし、説明も情報不足な感じが残った。

どう?ぺんちゃんの説明でこの本が読みたくなったでしょ?(笑)
40カ所も紹介されてるんだよぉ。普段、検索しないような所が。