090512 水郷佐原(あやめ編)

向島百花園でアヤメが咲いているので、やはり気になる
佐原水生植物園。(500円)

今日の小鳥さん


ツバメさん。
松戸にはツバメさんはあまり来てくれない。田んぼがたくさん無いから?
空気が汚れているから?利根川沿いには毎年たくさん来てくれるのに
江戸川じゃダメなの??

ルートは、ルート編に書いたので植物園に到着。


植物園の駐車場の脇にある水路で、お魚さんが死んでいた。
水郷イメージが壊れていく・・・。

まだ、売店とか営業してなく人影もぼりすぎの料金のためかまばら。
せめて花が少ないならメインシーズン用の割引券をくれるとかあっても
いいけど・・・・。すでに、遊覧船の客引きは始まっていた。
(これも、度がすぎるとマイナスイメージのもと)


まずは、鯉のエサ(100円)を買ってエサやり。


カエルさんが居た。まったく、鳴かないし1匹だけ。


ハスもチラホラ


佐原にも黄色い川が出現。でも、こちらはコウホネの花。

以上。
って肝心の花は?アヤメだけ?と突っ込まれそうだけど「だけ!」

どこにも花がない。
(ちなみに去年の6月の記事


園内遊覧船も運航中。ただし、咲いているアヤメは通路脇なので船からでは
何も見えないかも・・・。
オンシーズン料金期間だけど、まだ早すぎ。


続いて、千葉県立博物館大利根分館へ。と言っても観覧の予定無し。
売店で鯉のエサを買おうとしてたら、オジサンが慌てて来て
切符売り場まで戻るように・・・。で、鯉のエサ2個(200円)って言ったんだけど
鯉のエサじゃなくって観覧券が出てきた。入場しないってば。この館は
5回くらい観覧してるけど無料時代を含め展示替えがほぼなく
ぺんちゃんのお目当ては中庭の亀さん(有料エリア)と外庭の鯉(無料エリア)
なので・・・。一応、特集展示みたいなことをやってるけど。
前も切符売り場で鯉のエサだけ買ってる。ちなみに、すごく感覚的なこと
なんだけど、隣の水生植物園の鯉よりか愛嬌がある。なので毎回
植物園は1袋、博物館は2袋あげてる。
※有料エリアの亀さんはエサやり禁止。鯉のエサしか売ってないしね。

(おまけ)


売店で一軒だけシャッターが開いていて、まばらに商品が置いていた。
まだ、おやつ食べてないし、イモ饅頭(1個100円)食べようかな?と思っていたけど
お店の人が居ないし・・・・キョロキョロしてたら車からオジサンが出てきて
まだ準備中らしかったけど何とか買えた。