090615 菖蒲まつり

鳥の博物館を出て、手賀沼沿いの遊歩道を散策。


湖面には彫刻があったりして(増水時にどうなるか見てみたい)下流側に
すすみます。

園路の脇に河童さん。しかし、手賀沼と反対側なので埋め立てて公園を整備した
のかも。


手賀沼菖蒲まつりが開催中。(入場:無料)

ナゼか黄色の菖蒲だけは別にまとめられていた。

ここから、バック。


アジサイや蓮も咲いていて、実は手賀沼の見頃のシーズンか?

すずめさんなど小鳥も多い。


スズメさんがもらっているエサが気になる様子で、徐々に近づいている。

普段は警戒心の強い、すすめさんですが「えさ、ちょうだい」と無言の
アピール。

人間を怖がらない新世代のスズメさん、ここでも増殖中・・・。


最後に「水の館」(入場:無料)へ。
※プラネタリウムも無料ですが各回先着50名まで。
日本一ばっちい手賀沼をキレイにするため周辺県民へのアピールの場です。


手賀沼の魚や水草を展示しているコーナー

鯉は汚い水でもOKなので、汚れに強い魚ばっかになることを避けよう!みたいな
感じ。


4階展望台から


さっきの彫刻


↑上流側 ↓下流側


えっ?
間違いに気づいたのか

どちらも、4階から3階に降りる途中の階段だけど、やるなぁ、千葉県。

鳥の博物館にも展示があったけど、貝が多く住んでくれないと
水がキレイにならないらしい。で、貝が住むのに水草がつくる酸素とか・・・
とつながっているっぽい。
※展示にはなかったけど
今は利根川の水で薄めているので、日本一バッチイ河川ではないとのこと。
この手の施設にしては珍しく関東地方整備局(各河川事務所)くささがなかった。